あなたの希望に優先順位と妥協のラインを決める

転職活動の際に行なってほしいのが自己分析です。
就活の時には多くの方がやるものですが、転職ではやらない、という方が多いです。

仕事ではゴールを決めて計画を立てて行動していくことが大切です。
これと同じで、転職活動も自己分析をしてあなたのゴールとなる理想の仕事や、それに向けての活動計画を考えるのはとてもとても大切なんです。

自己分析をする際には、あなたの入社したい企業の希望を書き出すと良いのです。
この時にはっきりと決めておきたいのが希望の優先順位と、どれくらい妥協できるかです。

転職先を漠然と決めている方が多い

転職活動をしていると、これは自分の希望に合いそうだという求人を紹介してもらえることも多いです。
ですがこれは、意外と漠然と判断してしまっていることが多いです。
また、入社する際にもここで良さそうだという感じで、漠然と決断してしまっていたりします。

ですが、これはキケンです。
どの点が希望に合っているのか、実は不十分な点がないのかということを曖昧なまま転職をしてしまうと、入社してから後悔することがあります。
転職活動の失敗でよくある「思っていたのと違う」という結果になりやすいのです。
これを防ぐために冒頭でお話しした、優先順位とどれくらい妥協できるかを決めておくことが大切です。

優先順位と妥協のポイントの決め方

決め方の手順を紹介します。

①希望の仕事の条件を挙げる

希望まずは自己分析の一環で、希望の仕事の条件をとにかく挙げていきます
右図は例で、もっと書き出す方が良いです。
考えつくだけ出せば出すほど、希望の仕事に就ける可能性も上がっていきます。

意外とアタマを使うのでメンドウと思う方もいるかもしれませんが、頑張って書き出しましょう。
ぼーっとやっていると出てこないことも多いので、15分や20分などと時間を決めて書くのも良いです。

②優先順位を付ける

こうしてやりたい仕事、希望の仕事の条件を出していったら優先順位を決めていきます。
下のような感じです。

希望優先度

 

③妥協のラインを書いておく

こうして書いた優先順位の横に、妥協のラインも書いておきます。
このラインまでなら下げてもガマンできるなというラインです。
ついでにこの場合は書き直して並べ替えもしてみました。

優先順位3

これであなたの希望の企業の優先順位と妥協のラインができ上がりました。

④求人を検討する際に、条件と照らし合わせていく

あとはこの基準に従って求人を判断していくと、漠然としたものではなく正確な判断ができるようになります。

意外と人のアタマはたくさんのことを一度に考えられないので、しっかり考えているようで考えられていないこともあります。
なので書き出して基準を作っておくことで、より間違いのない判断ができるようになります。

また、これに照らし合わせていくと、該当する企業が大きく減ってしまうことがあります。
この場合は妥協のラインが厳しめだったりするので、妥協のラインを少し下げたり、条件を見直して修正していきましょう。
ただし、あまり最初に決めた条件から大きく変更すると決めた意味がなくなってしまいます。
バランスを見ながら修正を加えると良いです。
何にせよ基準ができると正確な判断に役立つので、ぜひ行なってみることをオススメします。