面接ではこちらから逆に質問すると好印象

面接の際に効果的なのが、こちらから積極的に質問をするということです。
企業の方もこちらから質問をすると「興味を持ってくれている。仕事に積極的な姿勢を見せてくれている」と感じるので、好印象を与えることができます。

ただし、ただ単純んに質問するだけでは面接官の方には響きません。
それどころか「マニュアルでも読んだのかな、でも響かないな」と感じられてしまい、逆にマイナス印象になることもあります。
ここでは効果的な質問の仕方についてご紹介していきます。

面接官に響く効果的な質問の仕方の5ポイント

ここでは効果的な質問の仕方についてご紹介します。
ポイントは大きく分けて5つです。

  1. 話の流れに沿って質問する
  2. その企業に入社したい気持ちを本気で持つ
  3. 弱点を突くような質問は控える
  4. 質問以外の場面でも意欲を見せる
  5. とにかく質問すれば良いというものでもない

1.話の流れに沿って質問する

質問をすれば良いと考えている方がやりがちなのが、前もって質問を用意しておくことです。
効果的な場合もありますが、響かないことも多いです。

また、多くの企業に当てはまる質問は効果がないこともあります。
面接官の方には、表面的な対策は意外と見破られます。

質問3ではどうすれば良いのかというと、面接での話を聞いた上で出てくる疑問を質問すると良いです。

面接はあなたが企業に判断される場でもありますが、企業のことをあなたがより詳しく知る機会でもあります。
話の中で新しく聞いたり、仕事の内容について詳しく説明してもらえることも多いはずです。

あなたも仕事の内容には興味を持っていると思います。
なので、質問をしようという気持ちを聞きながら話をして、質問のタイミングになったらそれを聞くと良いでしょう。
あくまでも企業のことをもっと知りたくて、自然に浮かんだ質問という形でするのがベストです。

2.その企業に入社したい気持ちを本気で持つ

これも大切です。
企業に本当に入りたい気持ちを持っていないと、質問もどこか軽かったり、的を得ない質問になってしまいます。

これは面接当日よりも事前の準備が大切です。
企業研究をじっくりとすれば、興味が湧くポイントも色々と出てきて、入社したい気持ちを高めることができます。

そうすれば企業についてもより詳しく知りたくなるはずです。
どんな雰囲気なのか、どのくらいの年齢の方が多いのか、仕事の流れはどのようになりそうなのか、など、自然に気になることも出てくると思います。
面接での会話の中で解決されないものがあれば、質問の際に聞くと良いでしょう。

企業について色々と調べてみても気持ちがイマイチ湧かないという場合、あなたにあまりマッチしない仕事なのかもしれません。
割り切って質問も控えて、次の求人の面接に期待するのもアリだと思います。

3.弱点を突くような質問は控える

  • 離職率ってどうなんでしょう
  • ブラック企業という言葉も聞きますが、御社でもあるんでしょうか
  • 環境に少し不安もあるんですが・・

こうした質問は企業にあまり印象の良くない質問です。
もちろん情報として知っておくのも良い情報ですが、企業に直接聞いてしまうのはアウトです。

自分が逆に質問されたらどうかを考えてみると良いかもしれません。

またすぐ辞めないですか?
ちょっとしたミスで落ち込まないか気になりますが・・

情報収集3などと聞かれたら、あなたも気分は良くないと思います。
なので、こうしたナイーブな情報は自分で情報収集をしたり、転職エージェントを頼ると良いでしょう。
詳しい情報がないか聞いてみたり、仲介役としてあなたに代わって質問してもらうのが良いと思います。
この場合、質問者があなただとは分からない形で質問してもらえます。

こちらも参考にしてみてください
参考記事:情報収集をしっかりして転職活動に役立てよう

4.質問以外の場面でも意欲を見せる

スクリーンショット 2015-07-18 16.23.02質問はありませんか?という時に一時的に積極的に切り替わるのではなく、面接中は終止積極的な姿勢を見せていることも大切です。

質問の時だけなぜか勢いがあった・・ということだと、違和感を感じられやすいです(笑)
ぜひ入りたいと思っている企業の面接では最初から最後まで気を抜かず、意欲的な姿勢を忘れないでいくと良いと思います。

5.とにかく質問すれば良いというものでもない

これは冒頭にもお話ししましたが、質問が効果的と知ると、質問すること自体が目的になることがあります。
質問すれば何でも良いという考えはやめましょう。
あくまでも自然な形で質問をしていけると良いですね。

質問の仕方で不安があれば、転職エージェントで行なってくれる面接練習を活用するのもお勧めです。
エージェントから、自然な形で質問できているし良い感じですねと言ってもらえたら、合格と思って良いでしょう。

このように、質問とひとことで言ってもなかなか奥が深いです(笑)
ですが、しっかりと意識すれば効果的な武器になってくれるので、マスターしてぜひ面接で活用してみてくださいね!