研究・開発職へ転職するための、基本的な活動の流れ5ステップ

これから転職に向けて動き始めるなら、まずは転職活動の全体的な流れを把握しましょう。これから何をするべきなのかが分かると、よりスムーズに次の仕事を見つけられます。

特に初めて転職をする場合、やみくもに仕事探しを進めてしまいがち。仕事にも当てはまりますが、まずは準備や段取りを整えてから動き始めることが大切です。ここでしっかり理解してくださいね。

研究・開発へ転職するための、5つのステップ

研究や開発へ転職するには、下のように5つのステップを踏むことになります。

【転職活動、5つのステップ】

  1. 自己分析による、自分の振り返り。
  2. 転職エージェントに登録。
  3. 求人のチェック。応募先の検討。
  4. 書類の作成(履歴書・職務経歴書)
  5. 面接を受ける。

転職が初めてだと、慣れないことや分からないことが多いもの。上の流れを把握して「自分がどの段階にいるのか?」を理解すれば、やるべきことが見えやすくなります。

それぞれのステップを、順番に見ていきましょう。

1. 自己分析による、自分の振り返り

まずは自己分析で、自分を振り返りましょう。「自分はどんな研究がしたいのか?」「どんな会社で働きたいのか?それはなぜなのか?」「今まで身につけた経験・スキルはどんなものがあるか?」など、転職に関することを自分自身に問いかけ、答を見つける作業です。

自己分析をせず、いきなり転職エージェントに登録する人は多いです。ただ、自己分析をしないまま履歴書や職務経歴書などを書いたり、面接を受けたりすると、自分を上手くアピールできないことが多いです。自分自身をきちんと分かっていないので、ある意味当然といえば当然。

自己分析は考えたことを紙に書き出していきますが、これはけっこう手間がかかるもの。ただ、やることで今後の転職や仕事に大きなメリットがあるため、ぜひ取り組むことをオススメします

(参考)研究・開発へ転職するなら自己分析が大切!迷わずできる方法4ステップ

2. 転職エージェントに登録

次にやるべきことは、転職エージェントに登録すること。

転職エージェントとは「求人の紹介や書類作成・面接のサポートを、無料でしてくれるサービス」のこと。登録するとあなたを担当してくれるアドバイザーがつき、カウンセリングをしてくれます。そしてあなたの適性や希望に合う求人を紹介してくれて、応募するときには書類や面接のアドバイスもしてくれます。

転職エージェントは人材を採用したい企業から報酬を得ているため、転職したい人は無料で利用できます。正直、単純に給料がもらえる仕事を見つけるだけなら、ハローワークや新聞の求人チラシで良いかもしれません。ですが収入・待遇アップや「より自分に向いている仕事をしたい」という場合、いろんな企業とネットワークを持っている転職エージェントのほうが便利です。

ちなみに転職エージェントに登録したからといって、絶対に転職をしないといけないわけではありません。また、人によっては半年〜1年ほど転職エージェントを利用して転職活動を進める人もいるため、使い方は人それぞれです。

(参考)研究・開発職への転職を目指すなら登録しておくべき転職エージェント!

3. 求人のチェック。応募先の検討

転職エージェントを利用すると、アドバイザーから「あなたなら、こんな求人に応募できますよ」と提案があります。これがけっこう面白く、「えっ、こんないい会社にも応募できるの?」「こんな条件の求人もあるんだ・・」と、希望が湧いてくることも多いもの(笑)こうした求人の情報を見比べながら、興味のわく企業や応募先を決めます。

「ここに応募したい!」という企業が見つかったら、アドバイザーに伝えればOK。そこからは書類作成や面接を受ける準備に入りますが、アドバイザーが「では書類を作りましょう」「面接を受ける前に、対策しておきましょう」のようにやるべきことを教えてくれます。

4. 書類の作成(履歴書・職務経歴書)

企業の採用募集に応募したら、まずは「履歴書」と「職務経歴書」を作ります。

履歴書と職務経歴書は、転職をするときに必ず必要な書類。

履歴書:自分の学歴・経歴・資格・志望動機・自己PRなどが、1ページで分かる書類。
職務経歴書:自分がこれまで経験してきた仕事を、詳しく説明した書類。

リクルートエージェントの職務経歴書フォーマット。便利です)

履歴書は書いたことがあると思いますが、職務経歴書は転職が初めてだと作ったことはないはず。

企業は「応募してきた人がどんな仕事をしてきて、どんな経験・スキルを身につけているか詳しく知りたい」と思っています。そのためあなたのキャリアについてまとめた書類を、用意する必要があるわけです。この役割をするのが、職務経歴書です。

履歴書は形式が決まっていますが、職務経歴書は実は決まった書き方がありません。職務経歴書をどう書くかで迷う人は多いのですが、形式が決まっていないのが大きな原因。

ただ、「履歴書も職務経歴書も、どうやって書けばいいんだろう・・」と思っても大丈夫。転職エージェントのアドバイザーが教えてくれて、使いやすい職務経歴書のフォーマットも用意しているところが多いです。当サイトでも書き方を紹介しているため、参考にしてほしいと思います。

ちなみに履歴書は手書き、職務経歴書はPCでワードを使って作るのが一般的。ただ、転職エージェントによっては専用の作成画面を用意していて、マイページ上から書類作成を完了できることもあります。リクルートエージェントdodaなどがそうです。

5. 面接を受ける

履歴書・職務経歴書を用意したら、いよいよ企業の面接を受けます。

書類は確かに大切ですが、一番大切なのはやっぱり面接。自分の言葉で志望動機や自己PRを伝えられるよう、準備しておく必要があります。

ここでもやはり転職エージェントがサポートしてくれて、前もって電話やメールなどで「志望動機は良いですが、自己PRがいまいち伝わりにくいです。こうしましょう」のようにアドバイスしてくれます。必要に応じて面談で相談することもできます。

こうしたアドバイスと自分の考えを元に面接の準備をすれば、受かる確率は高まるはず。希望の企業に採用してもらえるよう、頑張ってほしいと思います。

全体像を把握したら、転職活動スタート!

以上の5ステップが、研究・開発職へ転職するための流れです。順番に進めればスムーズに次の仕事を見つけられるので、把握しておきましょう。

転職活動をする中では、いろんな不安や悩みも出てくるもの。そんなときには自分1人で考えすぎず、早めに転職エージェントのアドバイザーに相談するほうが良いです。転職エージェントは「転職のプロ」なので、参考になるアドバイスをもらえるはず。上手く使いながら、希望の転職を叶えてくださいね!