今の仕事に正直不満がある際の転職で気を付けること

転職のきっかけは人によって様々です。
必ずしもキャリアアップが理由でないこともあると思います。

僕も仕事のプレッシャーから転職をしてしまった経験があります(汗)
その時には面接で転職理由をどう話そうか、とても迷いました。
不満から転職を考えるときには気をつけるべきポイントもたくさんあります。

面接で今の不満を言わないようにする

まず絶対に気をつけたいポイントは、面接で今の企業の不満を言わないようにするということです。

  • 今の仕事が激務で・・
  • 給料が安くて・・
  • 人間関係が上手くいかず・・

という理由は全て、言った時点で不採用がほぼ確定してしまうようなものです。

企業も自社の利益に貢献してくれる方を採用したいと思っています。
「かわいそうに。うちで面倒見てあげよう」という、寛大な企業はかなり少ないです。

企業はあなたに給料を支払います。
それに見合った働きをしてくれる方を雇いたいと思うのは当然と言えば当然ですよね。

マイナス発言を聞いて面接官が考えること

企業が良い方を採用したいと考えていることを踏まえて上の面接での発言を考えてみます。
面接官の心の中をイメージしてみると、、

「激務って、うちもけっこう忙しいしな、この人はやめとこう」
「給料安いって、仕事ぶりが良くなかったのでは??」
「人間関係が原因って、コミュニケーション力に問題あるのでは??」

と思われやすくなってしまいます。
要は、「うちに来ても不満を言うのかも」と思われてしまうのです。

なので、面接で今の仕事のマイナス発言は、本当はそうだったとしても控えておく必要があります。

前向きな姿勢を伝えることが大切

その代わりに伝えるべきなのは、前向きな姿勢です。

前向きな姿勢の伝え方としてのパターンは、

「今の職場での自分の落ち度を反省している。これを機会に新しい環境に切り替えて、より興味ある仕事に就きたい」

もしくは

「転職を検討していてちょうど良い求人を思い応募した。この機会にキャリアアップを目指して転職したい」

という2つのパターンが良いと思います。

反省していて切り替えるパターン

前者のパターンは、自分の力ではどうしても解決できなかった場合に効果的です。
仕事のプレッシャーからその仕事を退職したくなった場合や、人間関係が上手くいかなくなった場合などに使えます。

「仕事でのプレッシャーが非常にきつく、退職をしてしまった。もちろん自分にも、もう少し頑張れる部分があったのではないかと今は反省している。自分を見つめ直して、これを機会に自分がより興味のある仕事に就きたいと思っている」

という風に伝えると、もちろん今の仕事のマイナスポイントはありますが、前向きな姿勢や次の仕事に対するビジョンなどが伝わり、比較的良い印象になります。

反省していて、かつ切り替えて頑張りたいということを伝えるのがポイントです。

良い求人が見つかったから応募したパターン

後者のように、全く自分の落ち度は伝えないという方法もあります。
転職を少しずつ考えるようになっていて、ちょうど良い求人があったのでチャンスと考えて応募した、という伝え方も良いと思います。
その企業に魅力を感じたから応募した、という風にも考えてもらえます。

ただし、表面的にならないようにすることが大切です。
この伝え方は本当に魅力を感じていないと表面的になりやすいです。
そうすると企業にも伝わらないので、十分に気を付けましょう。

自己分析が大きなポイント

これが大事表面的な話し方を防ぐためには、自己分析が効果的です。
転職活動では自己分析を軽く見てやらない方も多いです。
ですが、やると自分の考えがクリアにすることができ、本当はこうしたいんだというのが見えるようになります。
それを伝えるとあなたの本心からの言葉になりやすいです。
企業の方もとても納得してくれる話し方を、自然にできるようになります。

こちらも参考にしてみてください。
参考記事:自分を振り返って「強み」を洗い出す、自己分析が大切

管理人もプレッシャーから仕事を辞めてしまった時に、何か前向きな転職理由がないか時間をかけて考えました。
そこから考えたのが上で紹介しているフレーズでした。

自己分析で自分の本当の考えを整理するのは大変な作業になることもあります。
ですが、今後のより良い転職のためにも、時間を使って行なうことをオススメします。
その方が、その後の転職も納得のいくものになるはずです。