企業研究をする際に大切な3つのポイント

理想の転職をするために必要なコト、それが企業研究です。

「敵を知り、己を知れば百選危うからず」という有名な格言がありますが、敵である企業(まあ、敵ではないですが(笑))を知ることは、採用を勝ち取るためにとても大切です。

企業研究のポイントは大きく分けて次の3つです。

①公開されている情報(HPや求人内容)をよく見る!
②口コミをよく見る!
③企業の人をよく見る!

それぞれの項目について詳しくお伝えしていきます。

①公開されている情報(HPや求人内容)をよく見る!

求人内容
研究開発職の転職で特に気を付けたいのは仕事内容ですね。
専門性が高く、仕事の内容を重視して探している方も多いと思うので、あなたの希望に沿うかはしっかりとチェックです。

気になることがあれば面接で質問するのも良いと思います。
積極的な姿勢を感じてもらえますし、一石二鳥です。

企業研究2

事前に知っておきたいことがあれば、転職サイトのエージェントの方を介して質問すれば教えてもらえます。

これに加えて、企業のホームページも見ておくことをお勧めします。
企業によってはブログなんかをやっていて、その雰囲気がわかる企業などもあったりします。
就活では大手企業の場合、社長の名前や社員数などを覚えるなどのことが必要になる場合もありますが、転職では必要ありません。
基本はあなたがその企業にとって何ができるかということが大切になります

自分が企業のどこに興味を持ったのかをハッキリさせておく

また、ホームページなどの情報をチェックする時に意識しておくと良いのが、企業のどんな所に魅力を感じたか、ということです。

企業に応募するということは、何かのポイントに魅力を感じているということです。
まずは企業に伝える伝えないは別にして、どういった所に興味を持ったのか、意識しながら見ていくと良いと思います。

転職は自分の希望の仕事に就くためにするので、こういう所に魅力を感じて仕事をしたいと思った、という点が必ずあるはずです。
それを面接で伝えられるようにしておくことが大切です。
20080904_147797面接で志望動機などを話す時に役立ってくれます。

必要があれば軽くメモ書きで残しておくのもオススメです。
僕は転職エージェントの方が求人情報をコピーしてくれていたので、その裏に興味を持ったポイントを書いてました。
そして後で考えをまとめて、企業に伝えられるようにしていました。

②クチコミをよく見る!

最近はネットが普及しているので、とにかく何でもクチコミです。
転職でも同じことが言えます。

本当に良い企業なの?
ブラック企業じゃないの?
どうなの??

みんな気になっています(笑)

クチコミは企業名で検索してみる

企業名で検索すると情報が色々と出てくるので、参考にしてみると良いでしょう。
企業によってはよく検索されるワードとして
「企業名 ブラック」
と表示される場合もあります(笑)

ブラック

これはその企業がブラック企業と評判の場合もありますが、
「本当はブラックなのでは?」
ということをチェックするために検索している場合も多いです。
なので、検索ワードだけで一概にブラックと決めつけないようにしましょう。

また、口コミで書かれていることも同じです。
口コミはその性質上、マイナスのことが書かれることが多いです。
満足していたらあまりわざわざ口コミに書かないですからね。
不満が多い社員の方が書く可能性が高いです。ひとつの参考にする材料くらいに思っておく方が良いでしょう。
鵜呑みにしていたらほとんどの企業がアウトになってしまいます(笑)

③企業の人をよく見る!

最終的にはやっぱり人です。
直接その企業の人と会ったときに、一緒に仕事をしたいと思えるか、フィーリングが合うかどうかはとても大切なポイントになります。

見学などで事前に企業の人と会える機会を設けている企業もありますが、転職は基本には1回、もしくは2回の面接のみで決まることが多いです。
つまり、直接企業の方と話ができる機会は面接の機会しかないことが多いです。

ですが、意外とこれだけの機会でも判断できることは多いです。

面接で共感できたり意気投合できると、転職して仕事をスタートしても上手くいくことは多いです。
ですが、何か違和感を感じたまま転職すると、入社したけれど失敗したと感じることも多くなります。

なので、③>①>②の順で重視すると良いかなと思います。
最終的な判断で迷う時には転職エージェントなど、周りの方に相談してみるのもオススメです。
判断材料はなるべく多い方が良いです。