会社を辞めてから転職活動をしてみた感想

転職活動をする方は、仕事をしながら活動する方と今の仕事を退職して活動する方がいます。
退職してから活動をする方は仕事にブランクが空きますし、収入が途切れることでの不安もあると思います。

「次の仕事が決まらなかったらどうしよう」
「一人暮らしもしてるし、貯金が大きく減ったらどうしよう」

こうしたことが不安な方もいるかもしれません。

僕自身も、仕事を続けながらと退職をしてからの転職活動、両方を経験したことがあります。
その経験から、多くの方が気になりそうな点についてお伝えします。

最初にざっと計画を立てた

計画立てる転職活動は最初にざっと計画を立ててから動き始めることが大切です。
何も考えずにとにかく転職活動を始めようというのは、ちょっと考えが足りません。
辞める前にある程度の活動のイメージを持ったり、計画を立てておくことが大切です。

僕の場合は、3ヶ月以内には転職できるだろうとイメージしていました。

3ヶ月をメドに転職活動をするとして、一ヶ月の生活費×3ヶ月分。
さらに転職活動には色々な費用がかかります。
ふた月めに入って収入が苦しかったら、アルバイトも考えようと思っていました。
そして、万が一の場合は実家に帰るという選択肢も一応持っていました(笑)

転職活動をしている間も先がイメージしやすくなります、そして、精神的に安心できるようになります。
やっぱり転職活動中は貯金が減って、何となくのイメージを持っておいて良かったなと思います(汗)

こちらも参考にしてみださい。
参考記事:転職活動にかかる費用ってどのくらい?

焦りに気をつける

特に気をつけたのは焦りです。
退職しているという状態を早く抜け出したくて、「なるべく早く仕事を決めないと」という気持ちになりやすいです。

実家で転職活動をしている方は割と安心して活動できると思います。
僕は一人暮らしで退職して転職活動をするという、けっこうチャレンジ的なことをしたので焦りが生じやすい状況でした(笑)
早く内定が欲しいという気持ちも生まれやすかったですが、内定をもらった時にはなるべく冷静に考えるようにしていました。
嬉しくてテンションも上がりますが、そうした時こそちょっと待ったという感じで落ち着いて考えていました。

時間の使い方は気を付ける必要あり

離職期間僕の場合、かなりだらけてしまうこともありました(汗)
転職活動と言っても、正直1日中バタついている日なんていうのはそうありません。
空き時間は自分についてじっくり考えることももちろんしていました。
ですが、それでも時間は余ります。

空いた時間を何となく過ごしてしまうのはとても勿体ないです。
何をしようかは、辞める前に考えておくと良いかもしれません。
仕事をしている時にはできない羽の伸ばし方をしてみるのも、ちょっとくらいは良いと思います。
あとは英語の勉強などをしておくと、英語スキルがあるとなお良いという求人の場合は好印象になる場合もあります。
ただし短期間では身に付きにくいので、ある程度英語力のある方がそれを維持するためにやるのが良いと思います。

「離職期間中、なにをしていますか?」の質問には答えられるようにしておく

何もしない退職して転職までの期間が長くなると、面接の際に「今の期間は何をしているんですか?」と聞かれることがあります。
これは別に嫌味な質問ではなく、普通に考えて多くの企業が気になる所だからです。

何もしていませんというのは、あまり印象が良いものではありません。
計画性がないと考えられてしまいます。
先ほどもお伝えしたように、なるべくこの期間に何をするか、計画を立てて行動するのがお勧めです。

ちなみに僕は、退職してからの期間で何をしていたかを聞かれたことがありません。
僕の場合は長くても3ヶ月はかかっていないので、ある程度の短い期間での転職なら企業もそれほど気にしないのかなと思います。

採用が決まった時にすぐに働けるのはメリット

良い感じで面接が進み、自分の中でも「この企業なら良いな」という企業があった時に、

「今もう退職されてるんですよね?入社するとしたら、いつから来れますか?」

と聞かれたらチャンスだと思います。

僕の場合は
「2週間以内に準備できます」という感じで、なるべく早く入社できることをアピールしていました。
これはすでに辞めている人のメリットです。
引越しがないなら、採用の通知をもらってから1週間以内に入社というのもいけると思います。

企業も中途採用の募集をかける時は、早く人材が欲しいと思っていることも多いです。
そのため、それに合わせて早く入社できることをアピールすると喜ばれます。
また、早めの期間を答えることで意気込みがアピールできるというメリットもあります。

安全にいくなら仕事をしながらの方が良い

大体以上のような点が退職してから転職活動をした時の感想です。
僕の実感では、正直なところ仕事をしながらでも退職していても、転職のしやすさにあまり変わりはないという印象です(笑)

ですが一般的には仕事をしながらの方が良いと言われているので、より安全にいくなら仕事をしながらの方がオススメです。