何度も転職を繰り返さないためには何に気をつけたら良いか

「転職はクセになる」
これは転職ではよく話題になることです。
僕も転職を複数回していて、この言葉は気にすることもありました。
今は落ち着いていますが、転職をしていた時期と今を比べて、転職を繰り返さないためにどうすれば良いかをまとめてみました。

転職を繰り返さないために押さえるべき3つのポイント

転職を繰り返さないようにするためには、次の3つのポイントを押さえることが大事です。

①逃げの転職になっていないかを振り返る
②自己分析を十分にして、今の気持ちを整理できている
③転職することであなたの希望の主な部分が満たせる

この3つを押さえれば、転職を繰り返しにくくなるはずです。
それぞれを詳しく見ていきます。

①逃げの転職になっていないかを振り返る

一番大きな原因はこれだと思います。

転職を根本的な原因が、仕事のプレッシャーがきつい、人間関係がこじれた、仕事がつまらない、などのマイナスな理由だと、転職してもまた嫌なことが出てきてしまう可能性が高いです。

転職を繰り返す方は、考え方が「こういう感じの仕事だとつまらないと感じる」という風になってしまっています。
仕事を変えれば嫌なことから逃れられると思いがちですが、自分の考えを変えないと同じことの繰り返しになってしまいます。

なので、転職を考えようとしている方は、逃げの転職になっていないかということを一度よく考えてみるようにしましょう。

②自己分析を十分にして、今の気持ちを整理できている

自己分析は理想の転職のためにとても大事ですが、繰り返しの転職を防ぐためにも役立ってくれます。

自己分析はあなたが今何を考えていて、これからどうしたいのかということを自分で把握するために行ないます。
意外と人は自分がどういう考えを持っているかということを分かっていません。
転職を繰り返す方は特に本当の自分の気持ちが分からずに転職を決めてしまっているので、まずは自分の考えを整理することが大切です。

自分についてはっきりと分かるようになると、希望をなるべく満たすように行動できます。
また、漠然とした不安を抱えることもありません。
不安は考えを整理できていないところから生じてくるので、自己分析で考えを整理することで消すことができます。

自己分析をせず、何となく良さそう、これで良いかで転職してしまうと、あなたの希望が実はあまり満たせていなかったり、後で転職を後悔することにもなりかねません。

研究開発職を目指す方は頭を使うことに慣れている方も多いです。
そのため、自己分析は自分の頭の中だけで考えてしまいがちです。
ですが、なるべく紙に書き出して、目に見える形でクリアにするのがオススメです。
これは本気でオススメします。

③転職することであなたの希望の主な部分が満たせる

転職活動を進めて、いよいよ内定をもらって転職しようとなった時には、必ず自己分析で洗い出した希望をしっかりと満たせているかを確認しておきましょう。
どうしてもここは外せないというポイントを満たせているか、他の条件も妥協できる範囲には入っているかということをチェックすると良いです。

こうして入社すると、
「思っていたのと違った・・ちくしょーまた転職だ」
という失敗は少なくなります。

内定をもらうと、つい舞い上がってしまいがちです。
嬉しいですが、ここはなるべく冷静に判断することをオススメします。
内定をもらったらひと息ついて、気持ちを落ち着けて入社するかを検討すると良いです。
これは意識しておくと良いと思います。

以上が転職を繰り返さないためのポイントになります。
少し大変なこともあるかもしれませんが、じっくりと自分と向き合うことはとても大切です。
ぜひ気をつけて、納得のいく転職をしてくださいね。