再度確認しておきたい面接でのマナーや身嗜み、立ち居振る舞い

面接で意外と大きなポイントになるのが基本のマナー、身だしなみ、立ち居振る舞いです。

「いやいやいや・・さすがに新卒じゃあるまいしね」

と、軽く見てしまいがちな方もいると思います。
ですが、かなり大切なポイントなので再確認しておくと良いと思います。

技術系の人は身だしなみがラフな人が多い

身だしなみ理系や技術系の方は、わりとラフな格好で仕事をしている方も多いと思います。
私服や作業着で出勤とか、けっこう多いんじゃないでしょうか。
管理人の以前の職場も作業着で出勤とか普通でした(笑)
スーツとか、なんなの?って感じでした(笑)

こういう環境だと、気付かないうちに身だしなみに疎くなっていきます。
転職活動の面接では、身だしなみが面接官に与える影響はかなり大きいです。
「人は見た目が9割」という本が一時期話題になりましたが、冗談ではなくホントにそれくらいの影響力があります。

管理人も以前の転職活動での面接で、ドアを入って最初に挨拶した瞬間に
「やばい、マイナスに見られたかもしれん・・」
と感じたことがありました。

初対面からわずか数秒で違和感のある空気を感じ、そこから終止面接官の方のペースでした。
その企業の結果はもちろん不採用でした(汗)

研究開発は見た目じゃない!
スキルや実力で勝負!

という気持ちも分からなくはないです。
ですが、やっぱり一般的にはある程度のきちんとした見た目も大切になります。
高いスキルに加えて身だしなみも損をしないレベルにしておくと、より採用の可能性も高くなります。

身だしなみのポイント

スーツ身だしなみは清潔感に気をつけるのが基本です。
スーツやシャツなどは、シワがないものを着るようにすると良いです。
あと、スーツは「ジャストサイズ」
これだけで相当に違います。

体型に合ってない大きめのスーツを着るのは断じてやめましょう。
ダボっとした感じのスーツはおじさんっぽさが5倍くらいアップしてしまいます。
これはわざわざ自分からマイナス印象を与えているようなものです。

ジャストサイズのスーツはスーツのお店に行くと大体売っています。
○やまとか、○オキとか、「紳士服」を謳っているお店はあまり個人的にはオススメしません。
かなり、おじさんっぽいものが多いので・・。
理想の仕事に就くために頑張って転職活動をするなら、購入するのも良いと思います。
今後も使えるような柄のものを買っておけば、その場しのぎでなく転職してからも使えます。

立ち居振る舞いも大切なポイント

あとは立ち居振る舞い。これも大事なポイントです。

研究・開発職を目指す方は自分の専門分野を追求したい方も多いです。
そうした方は一般的な常識がちょっと欠けていたり、マニアックな方が多い傾向にあります。。
立ち居振る舞いも、ちょっと何となく挙動不振な感じがする方もいます・・。
もちろんそういう方ばかりではないんですけどね。

ただ、研究や開発でもビジネスマンとしても高いスキルがある方、マネジメント職に就く方などは違います。
ちょっとマニアックなレベルの専門性の高さだけでなく、一般常識、ビジネスマナー、ヒューマンスキルなども高い方が多いです。
バランスが良いっていうことですね。

特に大手企業などの広く普及する製品を開発する仕事ほど、常識的なバランス感覚が必要になるんじゃないかと思います。

立ち居振る舞いの直し方

 

スーツ立ち居振る舞いが不自然になっていないかチェックする方法をご紹介します。

ドラマや映画などで、登場人物がスーツを着ている作品をチェックします。
これだけで意外と違います。
視覚的に見ると、そのイメージに近い立ち居振る舞いをすることができます。

あとは面接の最中に目が泳がないようにすることですね。
緊張や動揺があるとあちこちに目線がいきがちです。
堂々としっかりとした目線で面接官と話せると好印象になりやすくなります。

ただ、じっと見つめるように目線を逸らさないと逆に不自然です(笑)
時々はさりげなく逸らすようにしましょう。

以上、立ち居振る舞いや身だしみについてご紹介してきました。
基本なんですが忘れていた方は再度チェックして、余計な所でマイナスを受けないようにしましょう!