応募条件を満たしていない場合はすぐに諦めないといけない?

転職エージェントなどの求人を見ていると、魅力的と感じる求人もあると思います。

ですが、「この求人いいな」と思って見ていても、応募条件が設けられているものもあります。
条件に満たないと、諦めるしかないなと思う方もいるかもしれません。

ですが、条件に当てはまっていないからと言って、必ずしも諦める必要はなかったりします。
じゃあどうすれば??についてお伝えしていきます。

あなたを採用することでのメリットを伝える

応募条件は仕事をこなすために必要と思われるスキルや経験などが記載されています。
ですが、条件に満たない部分があっても、仕事がこなせることをアピールできれば良いのです。
条件以外の所でメリットがあれば、採用になる可能性もあります。

企業は「仕事で成果を出してくれる人」を望んでいます。
成果を出せる、企業に貢献できると思ったら、まずは諦めずに問合せをしてみるのが正解と言えます。

「御社の事業にこういう経験からお役に立てると思い、興味を持っております。
ですが年齢の制限から少しずれております。
経験やスキルの面ではお役に立てると思うのですが、難しいでしょうか」

という感じです。
この例では年齢制限に引っかかっているという例で挙げてみました。
多少の年齢のずれなら多めに見てもらえるということは多いです。

スキルや経験に関しても、直結しているのが一番ベストではあります。
ですが、募集されている内容に近いものなら問い合わせしてみても良いと思います。

「こういったスキルを持っていて十分お役に立てると思っております。
ですが募集条件に当てはまっていないので、応募させて頂いて良いか確認させて頂ければと思っております」

という感じです。

スキルや経験がかけ離れすぎている場合はNG

熱意2ただし、何でもチャレンジ精神を持って問合せすればいいのかというとそういう訳ではありません。
あくまで採用の可能性が見込める場合というのがポイントです。

募集条件は

「経験のない人に来てもらっても困るから、条件を付けとこう。最低でもこれくらいは必要だよね」

という感じで設定されていることが多いです。
多少条件がズレていても、あなたを採用するメリットがないといけないのです。

第二新卒の方が「熱意はあるんで御社で仕事をしたいです!」と言っても、中途採用では即戦力が求められている場合が多いです。
管理人も以前、熱意で応募しようとした経験があります。
ですが、やっぱりムリでした(汗)
何とかなると思ってしまう方もいるかもしれませんが、これは何ともならないことが多いです。

エージェントに仲介してもらう

推薦条件が少しずれていても何とか応募したい場合、転職エージェントに相談するのもひとつの方法です。
あなたに別の面での実績やメリットがあれば、エージェントも第三者の立場であなたを企業に紹介してくれる場合もあります。

「この方、条件面で少しずれている部分はあるけれど、それでも実力のある良い人ですよ」と後押ししてくれれば、応募できたり採用される可能性はアップします。
もちろん不採用になる可能性もあります。
ここはあなた次第ですが、エージェントを通す事で応募の道が開けやすくなることもあるので、困った時は相談すると良いでしょう。

応募条件は一旦置いといて求人をチェック

まずは応募条件は一旦置いておいて、まずは魅力を感じる求人をチェックしていくと良いと思います。

その上で応募条件を確認して、大幅にスキルや経験が足りていないならさすがにアウトです。
条件的にギリギリ、もしくは多少ずれているけどアピールできる材料があるという場合は、応募できる可能性があります。
転職エージェントに相談、もしくは直接企業に問合せという流れになります。
不安な方はエージェントを通すのが可能性が高いと思います。

転職活動では積極的に動くことが理想の転職に繋がることも多いので、こうした興味が強くて可能性がありそうな企業は積極的にあなたの方から売り込んでいくと良いと思います。
諦めずにいきましょう!