最後に聞かれる「何かご質問はありますか?」の対応

面接での質疑応答をクリアして、最後に来るのがタイトルのフレーズ「何かご質問はありますか?」です。
こうした質問が来ると「質問しないと不採用になるのでは?」と考える方もいると思います。
最後の最後に来るので、「ヤバイ!用意してなかった(汗)」と、僕のようにヒヤリとした経験がある方もいるかもしれません(笑)
質問をするための対策方法と、質問をしないと採用に影響が出るのかについてご紹介していきます。

先に質問を用意しておく

面接では企業の事業内容や仕事内容について話があります。
基本的にはその時に感じたことを質問として出せるとベストです。
携わる仕事の内容についてより詳しく聞いたり、勤務形態などの所で質問をすると良いでしょう。

と、基本はこれが良いですが、急に聞かれるとやはり出てこないこともあります。
なので、臨機応変な対応が苦手な方や、会話が苦手という方は、先に質問を準備しておくと良いでしょう。

質問はあなたの聞きたいことを聞けば良いと思います。
ただし当たり前ですが、調べてすぐに分かることはやめておきましょう。

僕が使っていたフレーズは、「もしお話が進むとして、先に準備させて頂くことなどありますでしょうか」というものです。
これは比較的良い感触でした。
絶対に良いという訳ではないですが、今後へのやる気を見せることもできるので使っていました。

質問の数は多くなくて良い

また、企業の方も、最後の段階なのであまり多くの質問を求めていません。
一つで良いですし、多くて二つで良いと思います。

二つの場合は先に「二つお聞きしたいのですが」と前置きしてから話すとスムーズです。
一つ質問して終わりかと思いきや、まだあるのかっていう空気になりやすいですからね(笑)

最後に質問できなくてもマイナスにならないことも多い

また、面接で会話をしている中でその都度質問をすることもあると思います。
このときによくあるのが、話の途中で質問を積極的にして最後にネタ切れ、というケースです(笑)
このときにマイナスになるかというと、別にそれほど影響がある訳ではありません。

「お話の中でその都度質問させて頂いたので大丈夫です。ありがとうございます」
と答えておくと良いでしょう。

最後に質問ができなくて不採用になったなら、それは最後の質問が直接の原因ではない場合が多いです。
問題なのはそれより前の段階で、あなたのキャリアや人柄などが企業の求めているものに合わなかった可能性が高いです。

結論としては、それほど重要視しなくていい

ミスなので、最後の質問についてはそれほど重要視しなくても別に良いと思います。
十分に念を入れて面接対策をしておきたい方は準備をしておくと良いでしょう。
やっておくに超したことはないですからね。

僕の場合は上の方で述べた、「入社させて頂けるなら準備しておくことはありますか?」という質問だけ用意しておきました。
あとは面接での話で気になることが出てきたら質問して、出てこなかったら無理に質問はしませんでした。
それでも採用はもらえていたので、それくらいの重要度と考えれば良いと思います。

また、もちろんですが、質問できなかったからといってあまり気にすることはないので、動揺せずに普通にしていましょう。
「うわーやってしまった。最後質問できなかったなー」と、うろたえて不自然な様子になるのは良くないです。
質問できないよりも、この方が逆に良くないので、普通にしていましょう。