焦って行う転職活動は失敗しやすい

ズバリ、焦って転職活動をするのは良くないです。
自分の経験から、自信を持ってオススメしません(笑)

僕は最短10日ほどで転職を決めたことがありますが、正直あまり良い転職ではなかったと思ってます。

その時はとにかく仕事が大変で、一旦退職して時間を取ってから転職を考えようとしてたんですね。
で、退職してみると、ゆっくり考えるというよりも貯金も減るし、とにかく早く転職しないとっていう気持ちになってしまい、結果としてあまり良い転職に繋がりませんでした。

仕事を続けながらの転職活動の方が、余裕が出やすい

自分の経験から反省点として挙げられるのは

・仕事がキツくなければ、なるべく仕事しながら転職活動をする
・自分にとって満足のいく転職ができるよう、じっくり検討する
・ある程度の転職活動のイメージを持って活動する

っていうことですね。

研究開発の仕事をしたい方は、ある程度自分の理想の仕事のイメージが決まっていると思うので、なるべくそれに沿う形での転職を目指すのが良いです。
焦って転職しようとするとこれを忘れてしまい、転職すること自体が目的になってしまいがちです。
これでは転職する意味があまりありません。

焦ると、じっくり考えにくい

納得のいく仕事をじっくり探すには、切羽詰まっていて早く仕事を決めないと、っていう状況では難しいと思います。
退職していると切羽詰まった状況に追い込まれやすいので、なるべく避ける方が良いです。
もちろん実家暮らしの方で貯金にもある程度余裕があり、しばらくは大丈夫という方は、退職して活動をしても良いと思います。

失敗

また、もうひとつ早まった判断をしてしまいがちなのが、採用の通知が来た時です。

第一志望でなくても採用の通知はやっぱり嬉しいと感じる方は多く、多少条件とずれていても、これで良いかと納得してしまいがちです。
僕もエージェントの方から「企業の方もぜひ来てと言ってもらってますよ」と言われた時には心がぐらぐら揺れたことがあります(笑)
でもやっぱり納得のいく転職をしようと思い、条件と違ったところもあったので辞退しました。

焦ると、妥協が生まれやすい

特に転職活動では、就活の時のように長い期間をかけて活動できる人は少ないので、どうしても妥協が生まれやすいです。
このことを最初から心の準備として持っておくと、「あーやばい、ここはガマンしよう」と踏みとどまりやすくなります。
もちろんじっくり検討した結果として決断するなら良いですが、とにかく妥協で安易に入社など、色々なことを決めるのは控えることをオススメします。
後で「やっぱりちょっと違った・・」と後悔してまた転職活動をすることにもなりかねません。

焦った転職活動を防ぐためには、最初からある程度転職活動をどのくらいの期間でやるか、どのようにやっていくかを計画しておくのがオススメです。

焦らないために、計画を立てるのがオススメ

スケジュール

計画の仕方については別記事の転職の全体像の話などを参考にしてもらえば立てられると思いますし、よりあなたに合わせた計画を相談するならエージェントの方に話をしてみるのも良いと思います。

エージェントの方に「こういった形で転職活動を進めたい」と話すと、エージェントの方からも「しっかり自分で考えられる人だし、しっかりサポートしよう」という印象を持ってもらいやすくなります。

計画を立てずに転職活動をその場しのぎのように進めてしまうと、理想の転職からは遠ざかってしまいます。
若い時の僕みたいにやみくもな転職活動は、あまりオススメしません(笑)

こうした話を先に知っておくと、やみくもに行動しようとした時にブレーキになるので、ここまで読んでいただいたあなたは既にしっかりした転職活動ができる準備ができていると思います。

計画は途中でその都度修正していっても良いですし、とにかくイメージを持って進めていくことが大切です。
せっかくのより良い仕事に就くためのチャンスなので、ぜひ納得のいく転職活動をしてくださいね。