転職して馴染めるか不安がある

転職すると、色んなことが変わります。
仕事の内容はもちろんですが、人間関係も新しいものになります。
新しい人間関係に馴染めるかが不安で、転職に踏み切れないという方もいるかもしれません。
転職した後の人間関係についてご紹介していきます。

基本的に歓迎ムードで迎えてくれることがほとんど

特に研究や開発の仕事を希望する方は、仕事の内容は重視しても人間関係があまり得意でない方もいます。

ですが、企業側は歓迎ムードで迎えてくれることが多いです。
なので、あまり心配する必要はないと言えます。
あなたの今の企業でもそうかもしれませんが、基本的に新しい人は歓迎ムードで迎えて、配慮する会社は多いです。
何か分からなさそうにしていればなるべく声を掛けるなどをするのが基本なので、あなたが転職する際にも同じように接してくれる企業は多いはずです。

研究開発職として似た性格の方なども多いと思いますし、あなたも技術の話には熱意を持っていると思います。
そうした深い話で盛り上がれる、気の合う方もいるはずです(笑)

また、あなたも今の企業に入社した時や、これまでの人生での節目のタイミングなどで人間関係が大きく変わった時も、何とかやってこれたと思います。
なので、転職でも何とかやっていける可能性は高いです(笑)
入社してみると意外と気にならなかったということはよくあります。
転職組だからちょっと違う目で見られる、なんていう話もほとんどないので、安心してもらえたらと思います。

人間関係が理由で転職する場合は、自分の接し方も修正する

また、研究開発職として転職をしたいけれど、正直人間関係が原因で転職する方は、次の職場の人間関係が心配になる方も多いと思います。

この場合は、人間関係が上手くいかなかった原因を考えてみることが大切です。
上手くいかなかった原因、特に「あなたが改善できたかもしれない部分」をよく考えることをオススメします。
周りの人が冷たいというよりも自分がそっけなくしてたのかもしれないとか、人によってそれぞれ気付くことが出てきます。

こうして出てきたことを次の職場ではやらないようにしようと決めてから転職することが大切です。
これをしておかないと同じことを繰り返してしまう可能性があります。
自分自身を振り返るのは大変かもしれませんし、「自分に悪い所はなかった」と思うかもしれません。
ですが、それでも自分に改善できることがなかったかを考えてみることがより良い転職に繋がります。

キャリアの有無で接し方に差があることも

また、仕事をする上では経験やスキルがっても大切になります。
キャリアアップとして転職した方は、周りの方からも経験豊富な人として積極的に接してもらえることも多いかもしれません。

逆に経験が浅い方は「経験浅いですけど頑張ります!」という姿勢をアピールしていればやる気があると思われて、上手く馴染めないということも少なくなります。

慣れない環境で一からスタートするのは期待もある分、大変なことももちろんあります。
ですが、それを全て含めて経験と考えるのが良いかもしれません。
新しい環境に慣れることは、それだけ変化に強い人になれるということでもあります。

新しい職場にも、あなたよりも高い経験を持った方などもいると思います。
そうした方を刺激にして、さらに仕事を頑張っていくのも良いと思います。
不安と期待が混ざったような感じかもしれませんが、不安だけじゃなく良いことも転職には沢山あります。
ぜひぜひ良い転職をして欲しいと思います。