転職で必要になる履歴書の書き方

必ず必要になる書類の一つ、履歴書

転職で必ず必要になるもの、それが履歴書です。
履歴書はしっかりと書くことで企業からの無駄なマイナス評価を避けることができます。
十分ではないんですが、必要条件のようなものと思ってもらえたら良いと思います。

履歴書は
「あなたについての全体像が一枚の紙で分かるようになっている」
という書類です。

そのため書くための基本の方針としては、端的に、アピールポイントを、分かりやすく書く、ということがとても大切です。

履歴書の基本のおさらい

基本についてもざっとおさらいしておきましょう。

・字はなるべく丁寧に!
・省略しない!
・学校などは入学、卒業まで省略せずに書く!

基本のプロフィールの項目はこうしたことを意識して書けば十分です。

履歴書のポイントは自己PRと志望動機

履歴書でポイントになる欄は、何と言っても自己PRと志望動機の欄です。

履歴書はコンビニで購入できるもので十分ですが、自己PRと志望動機の欄がなるべく大きめのスペースがあるものを選ぶのがお勧めです。

「いやいや、書くの面倒だからスペースがない方が良いじゃん」

と思う方もいるかもしれませんが、企業はやっぱりやる気のある方を求めています

なるべく広めの欄にしっかりと隙間なくコメントが書いてあったらその企業の方は「お、やる気あるな」と思ってくれる方は多いです。
特に面接官や上司になるような方はほぼこの傾向です。
なので、なるべく大きめのスペースがあるものを選んでいきましょう。

とは言っても、イメージが付かない方もいるかもしれないので、ここで僕が実際に書いてみた履歴書を掲載したいと思います。

<履歴書のサンプル>

志望動機と自己PR欄のポイントを挙げてみます

志望動機のポイント

・あなたのストーリーを入れる
「~ということをしてきて、そこから御社の〜という事業に興味を持ちました、ここに自分の経験は生かしていけると思い、応募しました」という流れがしっかりと伝わるようにします

・マイナスのことは絶対に書かない
前職が激務、人間関係が上手くいかなかった、などのマイナスのことは入れないようにしましょう。

・企業について、きちんと調べている雰囲気を入れる
研究開発は専門性が問われる分野なので、なるべく応募先の企業の事業内容をよく分かっているようなフレーズを入れると効果的です。

「前職でポリマーに関する研究開発を行なってきました。御社の新素材開発の業務にも私の経験が生かせると思い、とても興味が涌き、応募させて頂きました。」

など、これは例ですが、より具体的に生かせるスキルなどを書いておくと良いと思います。

とにかく唐突に興味を持ったということが書いてあっても企業側は「なぜ??」と感じやすくなります。
ストーリーも合わせて意識することでスムーズに納得してもらいやすくなります。

自己PRのポイント

・これまでの経験で、応募先の企業に生かせそうなスキルや経験を書く

企業に役立ちそうなスキルを書くのがポイントです。
極端な話でいくと、カラーコーディネーターの資格を持っていても、研究開発職にはまずはあまり必要無いことも多いです。
そこをアピールされてもな・・となってしまいます。
なるべく応募先の企業の業務内容を最初からこなすことができるというアピールをする方が良いです。

・伝えたい項目を端的にまとめておく
詳しい話は面接でできるので、アピールしたいポイントが複数ある場合はなるべく全ての項目を端的にまとめて入れるようにしましょう。
こうすることで企業側が書類選考や面接の際に興味を持ってくれて質問してくれるチャンスも増やすことができます。

また、基本ですが共通のポイントとして、空白はなるべく少なくするというのも大切です。書けるだけ書いてある方が意欲が伝わるからです。

広めのスペースがある履歴書にびっしりと書くのは時間も手間も必要になりますが、転職のためには必要なことと割り切ってさくっと書いていくのがお勧めです。