転職を繰り返して見えてきた世界。良い転職と悪い転職の違いは?

管理人は経験した企業は5社で、転職活動の経験も多いです。

転職を何度もして思ったのは

「結局は自分次第だな」

っていうことです。

結局のところ、仕事を楽しくするのもやりがいのあるものにするのも、自分次第ということです。
これに気がつかないと、転職を繰り返す人になる可能性があります。

仕事を変えれば良いってもんじゃない

変わらない研究職・開発職に就きたいと思って転職をしたものの、いざ仕事を始めてみると何かが違う・・。
そしてまた転職を考える、そんな流れになることもあります。

管理人も、転職して次の企業に行けば良い人生が待っている!
そんな風に考えてしまっていたと思います。

ですが、こうした考えで転職しても、結果はあまり良いものではありませんでした(笑)
考えが浅はかだったと思います。
一度転職をするとクセになるという言葉もよく聞きます。
管理人は、見事に当てはまっていたと思います(笑)
特に最初の3社は上手くいかなくなって転職して、の繰り返しでした。

ただ、それだけ転職するとさすがに気がついて、
「これは、このまま転職しても上手くいかないな」と思うようになりました。

ステップアップとして転職を捉えられるようになった

そこからは気持ちを切り替えて、ポジティブな転職ができたと思っています。
目の前の仕事をしっかりやって、そこから次のステップとして転職を利用するようになりました。

今研究や開発の仕事をしていないけど、できればその方面に行きたいという方は、いつそのキャリアに変更するかを決めた方が良いと思います。
また、今の仕事でも収入アップの可能性はあるけれど、いつになるかはっきりしないという時も転職するのはアリだと思います。

早い段階で切り替えて研究や開発に就いて、新たにキャリアをスタートするのが良いと言えます。

逃げの転職になっていないか

逃げる以上のような希望の仕事への変更やキャリアアップの転職は良いと思います。
気を付けたいのは、「逃げの転職になっていないか」を確認するということです。

仕事が大変、人間関係、収入が伸びないなどの、不満からの転職は逃げになります。
管理人も経験がありますが、環境が悪いと思っていても、実は自分自身の問題ということがよくあります。

今の仕事が激務でしんどい、給料がとても低いなど、劣悪な環境で仕事をしている方もいると思います。
そして、これ以上はもう耐えられないという方もいるかもしれません。
この場合は退職するのは仕方ないことだと思います。
体を壊してしまったら元も子もないですからね。

頑張っていてもどうしても耐えられない、という時は転職を検討しましょう。
ただ、考え方を切り替えてから、転職活動に臨む必要があります。
切り替えないと、管理人のように同じことを繰り返してしまいます。

逃げの転職ではなく「見直しのタイミング」と捉え直す

見直し「不満があってやめる」ではなく、「今後の仕事を見直すタイミングが来ている」と捉えると、前向きな考え方にすることができます。

ちょっとした差だと思うのですが、
「不満があるからやめてやる!」
というのと、
「仕事を見直した結果、自分の行きたい方向に進むために転職することにした」
というのでは、かなり大きな差が出てきます。

取る行動は今の会社を辞めることには変わりありません。
ですが、考え方が違っているだけで、今後の仕事人生に大きく影響が出てきます。

管理人の経験からも、不満があることから転職をしてもあまり良い結果に繋がりませんでした。
これから転職を考えている方はぜひ、少しでも前向きな形で転職活動を始めてもらえたらと思います。

再度自己分析をしてみよう

書き出す2仕事について見直しをする方法は、基本の自己分析です。
自己分析はキャリアを見直す良いツールになるので、ぜひ活用してみてください。

やり方はシンプルです。
紙とペンを用意して自分に問いかけをしていき、その考えを紙に書き出していけば良いです。

管理人も節目ごとに自己分析をすることで、自分の考えをはっきりと把握できるようになったと思います。

こちらも参考にしてみてください
参考記事:転職活動で多くの方がやらないけれどやった方が良いこと、自己分析