転職エージェントに交渉を依頼して、条件を引き上げよう

転職エージェントは色々なサポートを行なってくれます。
その中でも活用しやすいのが、エージェントに企業への交渉や質問を依頼するというものです。

求人を紹介されて、仕事内容にはとても興味があるものの、
「給料が求人内容の金額では納得できない、だって今ももっともらってるし・・」
という場合は、エージェントに交渉を依頼することができます。

企業も高い経験を持っている方には多少お金を払ってでも来て欲しいので、交渉に応じてくれることがあります。

自分で交渉するか、エージェントを通すか

根拠交渉はあなた自身が面接で行なう自信があるなら、やってみても良いと思います。
収入の要望は言いにくいかもしれませんが、やはり大事な所です。
「たしかにもう少し年収が高くて良いですね」と交渉に応じてくれる可能性もあります。

大切なのは根拠を示すことです。
なぜあなたの希望の額の根拠がどこから来ているのかを説明するようにしましょう。

求人には目安の額が記載しており、
「スキル・経験・前給を考慮の上、決定致します」
と書いてあることが多いので、こうした記載があれば交渉できる可能性があります。

交渉に不慣れな方は、エージェントを通すのがオススメ

交渉2このように直接交渉もできますが、研究や開発を希望する方は営業ではありません。
そのため、こうした交渉が苦手な方もいると思います。
また、面接での交渉はぶっつけ本番でやることになるので、態度などには十分に気をつける必要ああります。
不慣れで緊張してしまい、不自然な態度になると返ってマイナス印象になってしまうこともあります。

つまり、自分でやるのは交渉に慣れていないとオススメではないのです。
そして、こうした時に活躍してくれるのがエージェントです。
エージェントにあなたの希望の給与を伝えることで、エージェントが代わりに企業と交渉をしてくれます。

エージェントに依頼する時に必ず伝えるべき2つのポイント

エージェントに希望額の交渉を依頼する時には、必ず伝えておきたいポイントが2つあります。

  • あなたのキャリアやスキル、実績などのメリット
  • なぜその額なのかという根拠

これら2点を伝えるようにしましょう。

これは大体でも大丈夫です。
エージェントの方があなたの話をヒアリングしてくれて企業に最大限売り込める形に仕上げてくれます。
根拠がちょっと曖昧だと思っても、まずは相談することをお勧めします。
「年収をアップさせたい。できれば100万くらい。でも本当にこれって適性なのかな?」という時もエージェントに相談すれば、より適正な額で企業に交渉をしてくれます。

キャリアが浅い方は条件面の交渉はしない方が良い

条件面の交渉は基本的にキャリアのある方ができることになります。
そのため、第二新卒などの経験の浅い方は交渉をしようとしてもあまり上手くいきません。
まずは希望の研究や開発の仕事につく事を最優先に考えていきましょう。
実力が付いてくれば収入は上がっていきますし、もしまた転職を考える際には身に付いたスキルや経験が大きな武器になってくれるはずです。

直接聞きにくいこともエージェントに

また、求人を見ていると、直接企業に質問するのは抵抗がある疑問も出てくると思います。
離職率や残業についてなどの「ぶっちゃけどうなの?」という質問もエージェントに聞くと良いです。

エージェントが情報を持っている場合もありますし、もしない場合はあなたに代わって企業に質問してくれます。
もちろんこれはあなたと分からない形で質問してもらえます。
「検討して頂いている方の一人から質問がありまして」というような形で企業に質問してくれます。

このように、エージェントに交渉や質問をしてもらうことで転職活動もよりスムーズになります。
理想の転職ができるよう、上手く活用していきましょう!