転職活動で内定をもらいにくい方の特徴5パターン

転職活動をしてもなかなか採用をもらうことができない、そういう方も中にはいます。
自分への自信を失いがちですが、こういう時は落ち着いて自分を見つめ直すことがとても大切です。

ここでは内定をもらいにくい方の5つのパターンを挙げておきます。
あてはまっていないかをチェックすることで行き詰まりを事前に避けることができます。

①スキルが不十分

経験そもそもスキルが十分ではない場合、転職が難しくなります。

研究や開発の仕事がしたいという熱意があっても、中途採用では即戦力の方を求める傾向にあります。
そのため第二新卒の方などは特に、採用して人を育てる姿勢を持っている企業を探すことが大切です。
転職に時間がかかってしまう場合もありますが、こうした企業も中にはあるので根気よく当たっていきましょう。

②仕事を選びすぎている

ある程度のスキルはあるにしても、条件を絞りすぎていると転職しにくくなります。
理想の転職がしたいからと、高めの条件に絞ってしまう方もいますが、あまり高望みしすぎてしまうと転職できる可能性が下がってしまいます。

ここはバランスがとても大切です。
あなたが100%理想とする転職を基準として、どこまで妥協できるかがポイントになります。

自分がどのくらいまでなら妥協できるかという点について、最初に考えておくことをオススメします。
100%ではないけれど良いかもと思える求人があったら、その範囲内に入るか検討してみると良いでしょう。

こちらも参考にしてみてください
参考:あなたの希望に優先順位と妥協のラインを決める

細かい点を妥協して入ったけど意外と気にならなかったということも多いです。
実際働いてみないと分からない部分はどうしてもあります。
ある程度の小さなことは良い意味で妥協すると候補の企業が広がります。

③研究開発職への意欲が実は薄い

やりたいことは根本的な問題ですが、本当にやりたいことが実は研究や開発の仕事ではないという可能性もあります。

「今まで技術系の職種に就いてきて、研究や開発はその上の仕事だと思うから」という理由で研究や開発の仕事を目指す方も中にはいます。
これは自分がやりたいというよりも、周りの常識で今後の道を決めている感じです。

研究開発へ転職をしようと思ったものの、どうも自分が本当にやりたいことではない気がするという方は、他の仕事に視野を広げてみるのも良いかもしれません。
転職活動はあなたが自分で進んでやるものなので、納得のいく転職ができることが大切です。

自分の本当の気持ちを知るには自己分析が大切です。
もう一度自己分析に立ち返ってみましょう。
ちょっと面倒に感じるかもしれませんが、自分について知るのはとても大切です。

参考記事
転職活動で多くの方がやらないけれどやった方が良いこと、自己分析
今の仕事に正直不満がある際の転職で気を付けること

④傲慢な態度が出る

傲慢これは高学歴な方は特に注意したいポイントです。
「俺はできるはずだ」という気持ちが傲慢な態度に変わってしまうことがあります。
自信がある雰囲気を演出することは大切なことでもあるのですが、あまり傲慢になってしまうと良くありません。
転職は「入社させてもらう」というスタンスなので、謙虚な姿勢も大切です。

研究開発は高学歴な方が希望しやすい仕事です。
プライドの高さや傲慢な態度が出てしまい、面接官の方にマイナス印象を与えていないか振り返ってみましょう。

意外と気付かずにやってしまっていることもあります。
自分で気がつくのが難しい部分かもしれませんが、こういう時は転職エージェントの方に面接の練習をしてもらうと良いと思います。

ここでも、「面接対策はもうやったし、必要無い」と自分の中で思っても、プロの視点からのアドバイスをもらうのは効果的なことが多いです。
エージェントの方も多くの転職希望者の面接の練習をしているので、その経験からのアドバイスをもらうことができます。

⑤社会人としての基本的なマナー不足

立ち居振る舞い、身嗜み、挨拶、コミュニケーション、こうした点も面接では見られます。

研究や開発を希望する方の中には、技術のことにはトコトン熱中する方もいたりします。
そうした方の中にはコミュニケーション力が他の職種の方よりも劣ってしまっている方もいます。
研究や開発の仕事も職場の同僚の方との連携もあるので、ある程度はコミュニケーション力を持っていないと採用されにくくなってしまいます。

転職活動をすでに始めている場合は、すぐに向上させるのは難しいかもしれませんが、意識ひとつでも違ってくるので見直していきましょう。

こちらも参考にしてみてください
参考:再度確認しておきたい面接でのマナーや身嗜み、立ち居振る舞い

 

以上が転職活動で内定をもらいにくい方の特徴になります。
それぞれで対策方法が大きく違うので、あなたに合わせた改善をしていくことがとても大切です。