研究・開発職への転職で内定をもらいにくい人の特徴6パターン

転職しようとする人はたくさんいますが、その中にはサクッと次の勤務先が決まる人もいれば、なかなか決まらない人もいます。

転職活動が上手くいかないと、自信を失いがち。ただ、こういうときこそ落ち着いて、自分を見つめ直すことが大切です。

転職活動が上手くいかないときはパターンがあるため、前もって確認しておくと避けやすくなります。自分が当てはまらないよう、気をつけて面接を受けてくださいね。

失敗のパターンを知っておけば、良い転職をしやすい!

転職活動が上手くいかない場合、下のパターンいずれかに当てはまっていることが多いです。

【内定をもらいにくくなる6パターン】

  1. 求人で求められている経験・スキルに達していない。
  2. 好条件にこだわるあまり、仕事を選びすぎている。
  3. 研究や開発への熱意・モチベーションが実は薄い。
  4. 面接を受ける前の準備不足。
  5. 企業に対して、上から目線になってしまう。
  6. 社会人としての基本的なマナーができていない。

つまりこの6つをクリアできれば、納得のいく転職ができる可能性は高くなります。順番に見ていきましょう。

1. 求人で求められている経験・スキルに達していない

求人には、「応募条件」や「求める人材像」が書かれていることが多いです。

経験やスキルが不十分で条件に合っていない場合、採用してもらうのは難しいです。

中途採用は、企業が即戦力となる人を求めていることが多いです。こうした求人は応募のハードルが高めのため、自分の実力で応募できるかはよく確認しましょう。

もし第二新卒(最初の会社で働き始めて3年以内に転職する人)や研究・開発の経験がない場合、「未経験・第二新卒OK」のような求人に絞って考えるべき。転職市場でも中にはこうした求人があるため、転職エージェントで紹介してもらいましょう。

2. 好条件にこだわるあまり、仕事を選びすぎている

「給料が高くて、職場の雰囲気が良くて、採用してもらいやすくて、できれば大手で、家から近いといいなあ・・」

こんなふうに条件を絞りすぎると、候補になる求人は少なくなります。経験やスキルがあるほど選べる仕事の幅は広がるものの、「妥協点を決めておくこと」も転職活動では大切です。

もちろんせっかく転職するなら、高い理想をもってチャレンジするのは大切なこと。ただ、もしなかなか転職先が決まらない場合、「どの条件を、どこまでなら下げられるか」を考えてみてください。できれば紙に書き出してみると、頭を整理しやすくなります。

(参考)理想の仕事・求人を見極める、条件の優先順位と妥協ラインの作り方

転職する前はこだわっていた条件があっても、「妥協して入ったけど、意外といい職場だった」ということはよくあります。転職活動では、「自分の希望に100%合う職場はほとんどない」ということを理解しておきましょう。

3. 研究や開発への熱意・モチベーションが実は薄い

そもそもの問題ですが、実はやりたいことが研究や開発ではないこともあります。

  • 「大学で勉強してきたから、研究や開発をしたほうが良いと思った」
  • 「今まで技術の仕事をしてきたから、次も同じ分野の仕事が良さそう」

上のように、「こんな仕事をしたいから、研究や開発に転職したい」というより「何となく、研究や開発に転職するほうが良さそう」と考えて仕事を探すと、上手くいきにくいです。

面接官は熱意やモチベーションがあるかを、意外とすぐに見抜きます。「この会社で働きたい!」という気持ちがないと不採用になりやすいため、求人や企業の公式サイトをチェックして「いいな」と思える会社に応募することが大切です。

また、研究や開発に転職しようと思ったものの、「どうも自分が本当にやりたいことじゃない気がする」という場合、ほかの業種・職種を考えてみるのもアリです。転職をきっかけに、きちんと頑張れそうな仕事を考えてみるのも良いと思います。

「本当に研究開発でいいのか?」と思う場合は、もう1度自己分析をしてみると良いです。「どんな仕事がしたいんだろう」と自分に問いかけながら、思い浮かんだことを紙に書いてみてください。

(参考)
研究・開発へ転職するなら自己分析が大切!迷わずできる方法4ステップ
今の仕事に不満があって転職する場合に気を付ける、3つのポイント

4. 面接を受ける前の準備不足

面接を受けるときには「履歴書」と「職務経歴書」を作る必要があり、面接でどんなことを話すか考えておくことも大切。「書類はこんなもんでいいだろう」「面接は準備しなくても、何とかなるだろう」のように油断すると、面接で落ちやすくなります。

特に入りたい企業があるなら、面接前の準備はしっかりするべき。「履歴書や職務経歴書は本当に良い内容なのか?」「面接でアピールできるよう、志望動機や自己PRを考えているか?」など、確認をしておきましょう。

当然ですが、こうした準備をするのとしないのとでは、面接の合格率に大きな差が出てきます。面接の対策をしておくと、面接官に会うときの表情や雰囲気、態度も違ってきます。

ちなみに履歴書や職務経歴書の作成や志望動機・自己PRは、転職エージェントでアドバイスをもらうことができます。作った書類は添削してもらえて、志望動機や自己PRは「こんな内容にすると、面接官により響きやすいですよ」のように教えてもらえます。特に初めて転職するときはわからないことも多いので、こまめにエージェントへ相談すると良いです。

5. 企業に対して、上から目線になってしまう

研究や開発は、大学や企業で学んだ専門知識・経験がないとできません。そのため、学歴の高い人が多い傾向にあります。

ただ、実は高学歴だとプライドも高くなりやすく、転職で失敗する原因になることもあります

「俺はもっと良い会社で働けるはずだ」「こんな条件で働くのは嫌だ」という気持ちから、企業の面接官に上から目線の態度をとってしまうことがあります。

面接では、自分に自信をもつことは大切。ただ、傲慢になってしまうのはNGです。転職は「入社させてもらう、働かせてもらう」というスタンスなので、謙虚な姿勢が大切です。

学歴が高い人は意外と気付かずにやってしまっていることがあるため、これも転職エージェントのアドバイザーに「面接でこんなふうに話してるんですが、どうですか?」と相談すると良いです。自分ではなく誰かにチェックしてもらうことで、上から目線を修正できます。

6. 社会人としての基本的なマナーができていない

基本的なことですが、面接では「立ち振舞い・身だしなみ・挨拶・コミュニケーション」などもチェックされます。

研究や開発の仕事をする人の中には、あまり身だしなみに気を使わなかったり、人とのコミュニケーションが苦手だったりする人もいます。ただ、企業での仕事はさまざまな人と関わるため、社会人としての基本的なマナーは身につけておくべき。

技術の知識や経験に加えて基本ができていると、よりバランスの良い好印象な人になります。

コミュニケーション力はすぐに磨くのは難しいですが、「髪型やヒゲなど、身だしなみに気をつけよう」と意識ひとつで変わることもあります。鏡を見て、清潔感のある雰囲気に整えて面接へ行きましょう。

(参考)再度確認しておきたい面接でのマナーや身嗜み、立ち居振る舞い

面接で上手くいかないときは、必ず原因がある!自分を振り返ってチェックしよう

転職のために面接を受けていると、なかなか上手くいかないときもあるもの。ただ、こうしたときは、必ず原因があります。ここまで紹介した6つのポイントを振り返り、自分を改善してみてください。

また、間違った行動は、自分で気づきにくいこともあります。こうしたときに相談すると良いのは、やはり「転職エージェントのアドバイザー」。アドバイザーは転職のプロなので、相談することで悩みや不安を解決できることは多いです。「何か困ったことが出てきたら、まず相談!」ということを意識して、良い転職先を見つけてくださいね。