転職活動に必須の書類、履歴書と職務経歴書のポイント

2-1

転職活動で必須の二つの書類

転職活動では就職活動と同じように書類の作成が必要です。これは大きく分けて2種類あります。

「履歴書」と「職務経歴書」です。

履歴書は分かる方も多いと思うんですが、職務経歴書は初耳の方が多いかもしれません。
これは転職活動や中途採用でしか登場しませんからね。

まずはそれぞれの特徴をご紹介しますが、ここでポイントになるのが、これらの書類が、企業にとってどういう意味を持つのか、っていうことです。

どうしてもこういった書類作成って、「うわーメンドウだな」と思ってしまいがちなんですが、履歴書や職務経歴書は単純に応募の書類というだけでなく、ちゃんと意味のあるものなんです。
なので、企業からするとどういう意味があるんだろう、っていうことを分かっておくと、企業の方、面接官の方などに響きやすい書類作成につながり、結果としてあなたの希望する転職に繋がりやすくなります。

ではそれぞれの書類の特徴を見ていきましょう。

履歴書について

履歴書は
「あなたの経歴の概要を1枚の用紙で伝えるもの」
です。

企業の方は、なるべくしっかりと応募してくれた方を判断していきたいと思っています。

そのためには面接でいきなり面と向かって話す前に、あなたの大枠の情報をざっと知っておいた方が、面接で話す際により深い話がしやすいのです。

そのために履歴書があります。
履歴書は1枚の紙であなたの概要についてポイントをしっかりと把握できる便利な書類なんです。
要は、企業の方の下準備のための書類ということです。

つまり、企業の方に分かりやすくあなたを知ってもらうことが大切になるので、ポイントを絞って分かりやすく書く、ということが大切な書類です。

ちなみにコチラもチェックしておくと良いと思います。
オススメ記事:転職で必要になる履歴書の書き方

職務経歴書について

次に職務経歴書です。
これは転職活動で初めて作成する方も多いと思いますが、「あなたのこれまでの仕事の経歴、アピールポイントを伝えるための書類」です。

履歴書はどこの学校を卒業した、趣味や特技の欄などもありますが、職務経歴書は「あなたのこれまでの仕事」のみについて書きます

転職先の企業があなたに求めているもの、それは「企業の利益に貢献してくれること」です。
そのため、あなたがどんな仕事をしてきて、どんな実績やスキルを持っているのかにはとても興味があります。

これを分かりやすく伝えるのが職務経歴書です。

職務経歴書についてはコチラもどうぞ!
オススメ記事:転職で必要になる職務経歴書の書き方

職務経歴書の書き方は基本は自由だけど、フォーマットを参考に

職務経歴書は実は、多くの企業で履歴書のようにひな形、フォーマットというのがハッキリと決まっていません。

企業によっては決まっている所もありますが、多くの企業ではカンタンに言うと、

「書式は自由!
これまでの仕事やあなたの仕事のアピールポイントが分かりやすくまとまっていれば良いよ。
あなたなりにアピールしてみてください」

という形になっています。

分かりやすくまとめるのもスキルの一つとして見られている面もあります。

ただ、初めて書く方は
「自由に書いていいって言われても初めてだしどう書けば良い??」
っていう方も多いと思います。

なので、これは研究開発職の方向けの職務経歴書の書き方、フォーマットを別で詳しくお伝えしています。

また、職務経歴書は企業への大きなアピールになる書類なので、ベースは同じ内容でも応募する企業に合わせて少しずつ内容を変更することも多いです。
転職活動では書類も大切なので、まずはこれら二つの書類のポイントを押さえておきましょう。

ちなみにこのサイトでも書き方は解説していますし、転職サイトに登録すると履歴書、職務経歴書の添削のサービスを無料で受けることができます
書いた書類を担当の方がチェックしてくれて、アドバイスをしてくれます。
なので基本は転職サイトの方に相談ができるので、まず書けないということはないので安心しておいて良いと思います(笑)