転職活動の期間はどのくらい?

転職活動は人によって状況が違いますが、大体の場合、1ヶ月~半年ほどの期間で活動をする方が多いです。
転職活動をする期間のポイントについて詳しく解説していきます。

大体のイメージを持っておく

まずは転職活動にこれくらいかけようイメージを持っておくと良いです。
最初に目標の期間を決めておくと、その期間内に転職しやすくなります。
これはアタマの中で「この期間内に転職しないと」という意識が働きやすくなるためです。

もちろん無謀な計画のイメージでは実現しにくいです。
現実的にこれくらいかなという現実的なイメージで立てると良いと思います。

イメージ

っていうようなイメージです。
もっと早くてもいけると思います。
僕は最短でひと月かからなかったこともあります(笑)

なるべく早く転職したいと思っていると、意外と早い

あなたが転職を早くしたいかどうかも、どのくらいで転職できるかに大きく影響します。
早く転職したいと思っていると、考えている以上に早く転職できる可能性も高いです。

それに対して、今はまだ様子見、検討段階でじっくり考えてやっていこうと考えていると、なかなか転職のタイミングはきません。
転職活動の期間も長くなりやすくなります。

つまり、転職する!と決断するとそこからは早いということです。

 

転職期間

なぜ早くなると言えるかというと、これは転職エージェントのおかげです。
転職エージェントは転職希望の方を転職させないと利益が生まれない仕組みになっています。
転職エージェントもどんどん利益を上げたいと思っています。
なので、あなたの良い所を見つけ出して、企業に売り込む最大限のサポートをしてくれます。
こうして必然的に転職も早くできる、というワケです(笑)

希望にこだわりを持ちすぎると活動期間は長くなる

転職活動にかかる期間は、新しい仕事にどれだけこだわりを付けるかでも左右されます。

条件にこだわりが色々あると、それだけ希望に沿う求人が少なくなります。
その結果、転職できる可能性も下がってしまいます。

もちろん希望の仕事に転職できないと意味がない訳ですが、実際働いてみないと分からない部分はどうしてもあります。
ある条件にこだわっていて結局妥協したけれど、実際に働き出したら気にならなかったということもあります。

なので、ある程度妥協できるところは妥協して求人の幅を広げると、より早く転職できるようになります。
このためには妥協できるポイントを洗い出しておくと良いと思います。
自己分析をして希望の仕事について考えるときに、希望の優先順位や妥協のラインを決めると良いでしょう。

こちらも合わせて読んでいただければと思います。
参考:転職活動で多くの方がやらないけれどやった方が良いこと、自己分析
参考:あなたの希望に優先順位と妥協のラインを決める

あなたのスキルやキャリアによっても期間は変わる

これももちろんですが、あなたのキャリアやスキルでも転職期間は変わってきます。

特に研究開発職は専門性が高い職種です。
十分なキャリアやスキルを持っていないと採用してもらえる企業が少なくなります。
結果、転職活動の期間が長くなる可能性もあります。

あなたのこれまでの経験は変えることができません。
その中からなるべくメリットになることを見つけ出してウリにしていくことがポイントになります。

棚卸し

今の時点で研究や開発として経験や実績がある方は問題ないですが、今、あまり経験がないという方も若さがウリになったり、現場に近い感覚がウリになったりと、色々なアピールの仕方があります。
自己分析をしたり、エージェントの方とも相談しながら、あなたのメリットを見つけていきましょう。

こちらも合わせてオススメです!
自己分析の関連記事:転職活動で多くの方がやらないけれどやった方が良いこと、自己分析
現場経験もウリになる:現場経験は研究開発職に転職する際に大きなメリットになる
転職サイトの選び方:研究開発職を目指すなら登録しておきたい転職サイト!