退職の際に円満退社をするための3つのポイント

転職の際には当たり前ですが今の企業を退職する必要があります。
辞める時にはなるべく円満退社することをオススメします。

基本は普通にしていれば、そのまま円満退社になることが多いです。
ですが、時にはややこしくなってしまう時もあります(笑)
ここでは円満退社するためのポイントについてお伝えしたいと思います。

円満退社する意味って?

円満退社そもそも円満退社って必要あるの?と思う方もいるかもしれません。
もちろん退職すればその企業との関係は一旦途切れるので、円満退社をしようがしまいが関係がないようにも思えます。

よく言われる話で、「縁はどこで繋がっているか分からない」というものがあります。
企業との関係が良くない状態で退職をすると、あなたも今までお世話になった企業も、お互いにあまり気持ち良くありません。

感覚的な話になってしまって申し訳ないですが、円満退社していれば何かの縁が繋がって良い縁が来るかもしれません。
その逆で、あまり気持ちのよくない終わり方をしていれば、それが跳ね返ってくる可能性があるかもしれないのです。

なので、円満退社しておくに超したことはないと思います。
ポイントに気をつければそれほど難しいことではありません。
ぜひ円満退社して次の転職先に集中していきましょう。

円満退社をするための3つのポイント

円満退社のポイントは3つです。

①なるべく余裕を持って伝える
②自分の都合で迷惑をかけることを詫びておく
③自分の意思はハッキリ伝える

それぞれについて見ていきます。

①なるべく余裕を持って伝える

まずは退職について切り出すタイミングですが、なるべくひと月前には連絡するようにしましょう。

民放では一応2週間前までに切り出せばOKということにはなっています。
ですが、多くの企業の就業規則などで、退職連絡はひと月前にはするようにと決まっているので、それに従うことをオススメします。
今までお世話になった企業に対するマナーですね。

あなたはスパっとやめるだけと考えるかもしれませんが、企業はあなたの退職の手続きや後任の準備などが必要になり、その対応に追われることになります。

もちろんその企業の仕事に大きなストレスを感じている方は、「こんな企業ちょっとくらい迷惑たってかまわんわ!」という気持ちかもしれません。
ですがここはぐっとこらえて、あなたの将来のためにもマナーを守った行動を取ることをオススメします。
あまりマナーを守らない人がその後の仕事で上手くいくかと言うと、やっぱりちょっと気になる部分があると思います。

②自分の都合で迷惑をかけることを詫びておく

スクリーンショット 2015-07-20 13.24.46円満退社をするためには、あなたが企業に迷惑をかける部分があることを詫びておくのが良いです。

「自分の勝手な希望で、ご迷惑をかけてすいません。。
会社や○○さん(上司の名前)にもとてもお世話になって感謝しているのですが、やっぱり自分の希望を考えて、退職させてもらいたいと思ってます」

こんな形でお詫びしながら話を切り出せば、上司の方も納得してくれやすくなります。

これに対して、
「今の会社が嫌なんで、転職して別の会社にいきます!」
みたいな形で話してしまうと、これは炎上するパターンになってしまいます(汗)
まあ、あまりいないかもしれませんが・・(笑)
特に会社に内心で不満を抱えている方は、こうした形で話を切り出してしまう方もいます。
ですが、これはやめておく方が良いです。

最初にお伝えしたような形でお詫びしながら話を切り出すと、上司の方もなるべくスムーズに事が進むように配慮してくれることも多いです。

③自分の意思はハッキリ伝える

きっぱりこれは引き止めに逢わないために必要なります。

引き止めで、僕は退職が最大で半年間伸びたことがあります(笑)
この時は自分の中で、今後に対する考えもはっきりしていなかったのが原因でした。
こうしたことを防ぐためにも、あなたの中で転職の意思は固いことを伝えていきましょう。

上司が引き止めてくるのは、あなたの将来のことを考えてくれているという理由もあります。
ですが、もうひとつ理由があります。
それは、退職者を出してしまうと、上司の管理不足というマイナス評価に繋がることがあるためです。
引き止めに逢った時には丁重に断る必要がありますが意外と時間もかかってしまい、少しもったいないです。
なので、なるべくはっきりと意思を伝えて済ませていきましょう。

転職の内容については詳しく言わない

また、どんな仕事に転職するのかを聞かれた時に、キャリアアップのための転職の時は特に気をつける必要があります。
具体的に伝えてしまうと、内容によっては上司の気分を損ねてしまう可能性があるため、なるべく当たり障りのない形で答えておきましょう。
別の職種に転職する、地元に戻りたくなった、など、なるべく仕方がないと思ってもらえる伝え方にしておくと良いと思います。

僕の会社では、上司が同僚にどういう理由で転職をしようと考えているのか聞き出すということがありました(笑)
ここまでやるかって感じですが、上司がこういうことをしそうなのは分かっていました。
なので同僚にも「知らないって言うか、こういう風に言っといて」ということを先に根回しして切り抜けました(笑)

こうした3つのポイントを押さえておけば円満退社ができると思います。
ぜひ退職を検討し始めた時には参考にしてもらえたらと思います。