面接は数勝負の面もある

転職活動で必ずあるのが面接です。
面接は様々な対策をする必要もありますが、シンプルにとにかく数をこなすことも大切なポイントです。

数をこなすことで面接も上手くなる

上達面接が苦手な方でも、数をこなすと慣れることができます。
面接への緊張もほぐれてきて、段々と上手くなります

また、数をこなしていると、良い企業とあまり良くない企業の見分け方も分かってきます。
だんだんと「次の企業はどんな感じかな」という、企業を判断する余裕も出てきたりもします。
ある程度の社会人経験がある方は、こうした感じになりやすいと思います。

こうして面接慣れすると色々な企業を比較して検討できるようにななります。
そして、その中から最も良い企業を選んで入社することができ、良い転職に繋がりやすくなります。

数をこなすには時間とお金が必要

このように、基本は数をこなすようにすると良いですが、ネックになりやすいのが時間とお金です。
新卒の時の就活では交通費が支給されることもあったかもしれませんが、転職では実費がほとんどです。

時間に関しては、仕事を退職した方は比較的余裕があると思いますが、仕事をしながら転職しようと思っている方は限られた時間の中ですることになります。

お金の部分を解決するには、練習用として近場の企業を検討するのがオススメです。
転職エージェントに練習として受けられそうな企業がないか聞いてみるのも良いと思います。

面接回数

時間に関してはやり繰りする必要があります。
目安として、休日に1回面接を入れるとすると1ヶ月で3、4社くらい受けられる計算になります。
2ヶ月とすると6〜8社くらいは受けられる計算になります。
これくらいこなせばかなり良いと思います。

僕の場合は2ヶ月ほど転職活動をしたのが最長で、その時でも5社でした。
なので、実際はけっこう少ないかもしれません。

こちらも参考にしてみてくださいね。
参考記事:転職活動にかかる費用ってどのくらい?

転職エージェントの面接対策も有効活用

面接対策2

また、あまり面接を受けられそうにないという方は、転職エージェントの面接対策を活用すると良いでしょう。
転職エージェントのオフィスで実際の面接を想定して練習をしてくれます。
受けられる企業が少なく、その中で結果を出したい方は、エージェントにお願いして練習を十分にしておきましょう。

実際の本番の面接が沢山こなせるなら、もちろんそれに超したことはありませんが、エージェントの面接対策も十分に効果があります。
お金や時間に余裕がない方でも諦める必要はないので、ぜひエージェントをフル活用して頑張って欲しいと思います。

また、仕事をしていて時間が少ないという方は、ブランクがないというのは大きなメリットになります。
なので、時間がない中で大変な部分はありますが、メリットもたくさんあるんです。

まとめ

ということで、数をこなす時には

  • あなたの余裕のある範囲でなるべく数をこなす
  • 費用は近場の企業を受けることで抑える
  • あまり多く受けられないかなという方も、近場の企業やエージェントの面接対策を活用

ということが大切になります。
数をこなすことに加えて、しっかりと自己分析ができていればあなの想いをスムーズに伝えられるようになります。
納得のいく転職ができるように頑張りましょう。