研究開発職の実際

リアル

研究や開発って、実際のところどうなの?
と気になる方もいると思います。

転職活動で心配する方が多いこととして、「転職してみないと実際が分からない」ということが挙げられます。

求人内容を見る限り、企業の規模、仕事内容、年収、どれを取っても魅力的に見える。
でも、、「実際どうなの??良いことばかりじゃないでしょ」
と考える方は多いです。

このカテゴリーではそんな、研究や開発の仕事の実際についてお伝えしています。
それぞれがトピックのような形になっているので、興味のあるところから読んでもらえたらと思います。

エージェントの活用でさらにリアルな情報が

リアルな情報を得るのに合わせて活用すると良いのが転職エージェントです。
転職のサポートをしてくれるのに加え、エージェントは企業に関する様々な情報を持っています。
そのため、質問すると企業のよりリアルな情報を知ることができます。

リアルな情報

ただ、転職エージェントも企業からの依頼で求人を紹介している立場なので、あまりマイナスのことは教えてくれない可能性はあります(笑)
ですが、それを踏まえても十分に活用できる情報源だと思います。

また、エージェントは情報だけでなく、本格的に転職活動をする時のサポートもしてくれます。
研究や開発の実際を知った上で転職活動すれば、より希望にマッチした転職もしやすくなるはずです。

当サイトでは研究や開発への転職を考えている方にオススメのエージェントをご紹介しています。
良かったら参考にしてみて欲しいと思います。

研究開発職を目指すなら登録しておきたい転職サイト!

自分の年収がどれくらいになるか分かる無料サービスも

ミーダス紹介

また、研究開発に転職を考える前に、自分の適性年収がどれくらいかを知るのも参考になります。
MIIDAS(ミーダス)というサービスでは、無料で自分の適性年収が分かります。
どれくらいの年収になるか分かると転職を検討する有効な材料になります。

管理人も使ってみましたが、「自分って思ったより市場価値あるんだ」という感じで、可能性を広げるのに良いなと思いました。
色んなデータが見れて無料で使えるので、レポートしてみました。
よかったらこちらも参考にしてみて欲しいと思います。

あなたの適性年収はいくら?MIIDAS(ミーダス)が使える!

arrow

研究や開発の仕事を、「派遣社員」としてすることもできます。派遣の場合はひとつの企業に縛られない分、より自由度の高い働き方ができます。自分のプライベートを大切にしたり、興味のある企業で働いたりすることができるので、人によっ...
no image
いま製造の仕事をしていて、研究や開発に転職したいこともあると思います。 この場合、「研究」はハードルが高いので厳しいですが、「開発」なら転職できる可能性は十分あります。開発は意外と製造に似た面があり、これまでの経験も活か...
研究職や開発職に転職したいという方は多いです。 ですが、本当に研究開発で良いのか?ということは、改めて検討してみるのもお勧めです。 本当は別のことが転職理由になっていることも 研究や開発は理系の仕事の中でも上位の仕事とし...
研究や開発には失敗はつきものです。 失敗することは良くないことにも思えます。 ですが、実は必要なことでもあります。 研究・開発での失敗と成功の話についてご紹介します。 失敗はよくあるものと考えておく 研究職や開発職の仕事...
研究職や開発職への転職を考えている方は、今後は専門分野を決めて、専門性を高めることを意識すると良いです。 専門分野を決めることで、より高いスキルや経験を身に付けることができます。 これからはより重要になってくるので、早め...
「研究や開発は忙しい」と言われることはよくあります。実際、管理人が働いていた職場も定時で帰れることは少なく、期限が迫っているときはかなり残業することもありました。 ここでは、「研究・開発職の忙しさ」について解説します。 ...
これから転職を考えている方は、転職した後のキャリアのイメージも考えておくことをオススメします。 研究や開発の仕事がしたい、もの作りをしたい、新しい技術や商品を開発したい、と考える方は多いです。 ですが、多くの方がここで止...
研究開発とひとことで言っても、実は大きく3つのタイプがあります。 市場や顧客の要望に応える製品を作る「開発」 3〜5年以内など、比較的早い段階で商品化に繋げる「研究開発」 次のビジネスになる種を見つける「研究」 研究と開...
研究や開発への転職を考えるときには、「学歴がないと厳しいのかな」と思うこともありますよね。 研究や開発は専門的な知識と技術が必要なため、ある程度の学歴が必要な企業は多いです。ただ、中には学歴があまり関係ない企業もあるため...
研究や開発は地方で勤務する仕事が多いです。 ですが、業種によっては都市部で仕事をすることもできます。 探せば意外とないことはありません。 場所にこだわる方は以下のポイントを参考にして仕事を決めてみて欲しいと思います。 だ...