年収アップに繋がりやすい4つのポイント

転職のきっかけは人によって様々です。
その中でも特に多いのが、収入アップです。
研究や開発はもちろん仕事のやりがいも大切ですが、やっぱりお金も大切です(笑)
やりたいことができれば良いとしてお金のことを考えない方もいるかもしれません。
ですが、なんだかんだでモチベーションにも繋がりやすいですし、結婚するとよりお金も大切になります。
きちんと考えて転職を検討することをオススメします。

年収アップのための4つのポイント

年収年収アップをさせるには大きく分けて4つのポイントがあります。
いずれかのポイントを押さえていれば年収アップの可能性があるので、ぜひチェックしておきましょう。

また、逆に以下のポイントが当てはまらない場合、年収アップにはまだ早い時期かもしれません。
まずは経験やスキルを身に付けることに集中することをオススメします。

4つのポイントは以下になります。

①高い専門性がある
②マネジメント経験がある
③人気の分野の専門性がある
④その他希少価値が高いスキルを持っている

①高い専門性がある

専門性で収入アップ

まずは高い専門性を身につけていることです。
高い専門性を持っている方は即戦力として活躍してくれるので、収入アップに繋がりやすくなります。
専門性や経験、キャリアの高さに応じて、企業も高い報酬を支払ってくれます。

また、あなたが今の企業の中で飛び抜けて高い専門性を持っていないという場合でも、他の企業からすると十分に高い専門性を持っているということもよくあります。
大手の企業で、役職は付いていないけれど5年や10年頑張ってきたという方は、中小企業やベンチャーにはとても大きな戦力になります。
こうした時も年収アップに繋げられるケースがあります。

②マネジメント経験がある

マネジメント経験

開発テーマやプロジェクトをマネジメントした経験がある、という方も年収アップの可能性があります。

研究や開発の仕事はスペシャリストとして仕事をしたい方も多いです。
研究が楽しいので、それをずっと追求していきたいという方ですね。
こうした方が多い中でマネジメントができると、とても貴重な存在になれます。

マネジメント職だったけれど結果が出せなかったという方でも、収入アップに繋がるケースもあります。
マネジメント経験がない方も多いので、そうした中で一定の経験があることは大きなメリットです。
上手くいかなかった時の反省点と上手くいくために必要だったことを把握できていれば、評価に繋がる可能性も高いです。

③人気の分野の専門性がある

需要の高いテーマ

最近人気がある商品、需要が高い商品の研究や開発をしていた経験がある方も、年収アップの可能性があります。
テレビや車、最近で言えばスマートフォンなども熱いと思います。

ただし、今の仕事に関連する企業に転職する場合、秘密保持契約(NDA)にも気を付ける必要があります。
研究開発職の方はライバル企業への転職を防ぐために秘密保持契約を企業と結ぶのが一般的です。
自分が今いる企業と秘密保持契約をしているかを確認しておきましょう。
また、契約に違反しないかチェックしてから転職を検討するようにしましょう。

こちらも参考にしてみてくださいね。
参考記事:研究職に転職する際に結ぶ秘密保持契約(NDA)について

④その他希少価値が高いスキルを持っている

希少スキル

技術に関する専門性以外にも、企業にとって価値のあるスキルはあります。

代表的なものとしては英語や中国語です。
ずっと言われ続けていますが、まだまだ身に付けていない方は多いです。
希少価値の高いスキルとして役立ってくれて、年収アップに繋がることがあります。
特に海外展開を積極的にしている企業や製薬メーカーでは重要視されます。

年収アップのためにも、あなたに希少価値の高いスキル・経験がないかを、振り返って洗い出してみると良いです。
意外と見落としていたりするので、ぜひ振り返ってみることをオススメします。