非公開求人を紹介してもらうための2つのポイント

最近の転職エージェントに多いのが、非公開求人です。
エージェントが「この人なら紹介したい!」という形で、限定的に紹介される求人です。

紹介してほしい!と思っている方も多いと思います。
非公開求人を紹介してもらうには、押さえておきたいポイントもあります。
このポイントについてお伝えしていきます。

メリットが多い非公開求人

非公開求人最近は非公開求人が豊富な転職エージェントも多くなっています。
エージェントによりますが、最近は全体の求人のうちの大部分が非公開求人となっています。
つまり、非公開求人をいかに紹介してもらうかが転職成功のカギを握っているとも言えます。

非公開求人が非公開になっているのには理由があります。
多くの方は、企業が限定して良い人にだけ応募して欲しいと考えているから、だと考えています。
これも実際に理由としてありますが、実際はそれだけではありません。

公開求人は誰にでも見れてしまうので、ライバル企業、多部署に知られたくない

なんていう理由もあります。
つまりこれからどんなことをしようしていて、どんな人材を募集しているかを知られたくないために非公開にしていることもあります。

収入アップややりがいの大きな仕事も多い

こんな事情もある非公開求人ですが、条件の良い求人が揃っている傾向はあります

基本的には仕事の内容も単純なものではなく、ある程度以上の責任が伴うやりがいのある仕事です。
あなたの経験や実績にも大きなプラスになる仕事が多いです。
また、収入や待遇も良いものが多いです。

良い人にだけ紹介したいということは、企業も良いと思った方にはそれだけの報酬を支払う気持ちがあるということです。
非公開求人を紹介してもらえれば、キャリアアップに繋がる可能性は高いと言えます。
紹介して欲しいと多くの方が思うのも当然なのです。

非公開求人を紹介してもらうための2つのポイント

非公開求人を紹介してもらうには、転職エージェントに、

「この求人はこの人にぴったりだな、紹介しよう!」
「この人良い人だな、良い求人紹介しよう!」

と思ってもらう必要があります。
つまり、2つのポイントが大切になります。

  • あなたのキャリアに強みがある
  • 強みを転職エージェントにアピールする

まずは、あなたに豊富な経験、実績があることが大切です。
企業も利益に貢献してくれる方に来て欲しいと思っています。
それにはまずは実力です。
プロジェクトを成功させた、マネジメント経験がある、何かを成し遂げたというような実績があることが大切になります。
好印象
それに加えて、エージェントへのアピールができるとより良いです。
研究や開発職の方は営業ではないので、自分の能力の売り込みを控えめにしてしまう方もいます。
ですが、より良い転職をしたいと思った場合は、エージェントにあなたに対して好印象を持ってもらう必要があります。
それにはエージェントとの面談でなるべく適切なアピールをすることが大切です。

エージェントとの話は「面談」という形で、別に面接ではありません。
ですが、より良い求人を紹介してもらうためには、エージェントの方への立ち振る舞いにも気をつけておく必要があります。
面接のように過度にかしこまる必要はないですが、油断しないようにすることが大切です(笑)

エージェントにアピールする3つのポイント

エージェントの方にアピールするためには、3つのポイントがあります。

  • なるべく明るい雰囲気で、清潔感のある身嗜み
  • 実績やアピールポイントを整理して伝えられるようにしておく
  • エージェントと仲良くなる、打ち解ける

以上の3つができれば、非公開求人を紹介してもらえる可能性がアップします。
できる範囲で良いのでなるべく意識して面談に行くことで、印象は良くなります。

実際エージェントも沢山の転職希望者を見ています。
あなたには直接は言いませんが、

  • 「○○さんは企業にぜひ紹介したいな、すごくいい!」
  • 「△△さんはちょっと経験浅いけど、性格は明るいからな〜」
  • 「□□さんの担当俺か〜、どう紹介しようかな・・」

ということを、やっぱり現実問題として考えています。
なので、なるべく印象良く接しておくことに超したことはないのです。

「おぉ、この人いいな」

と思ってもらえれば、非公開求人の案件を紹介してもらえる可能性も高くなります。