現在すでに研究開発職で、別の企業へ転職したい場合

今すでに研究職・開発職の仕事をしている場合は転職しやすいケースです。それは今までの経験・実績があるため、それらを元に企業にアピールできるためです。

ただし、やみくもに転職活動をしても上手くいきません!ここでは、「転職を成功させるにはどうするべきか」「転職活動としてまずは何をするべきか」を紹介します。また、最後に研究職・開発職のための「失敗しないための転職エージェント選び」も紹介しています。参考にしてくださいね。

転職活動は1人で行わず、転職エージェントを活用するべき

転職活動は1人で行わず、必ずリクルートエージェントなどの「転職エージェント」を利用することをオススメします。理由は簡単です。転職エージェントのアドバイザーが転職に関するサポートをしてくれるため、1人で転職活動をするよりも楽に、良い転職ができるためです。

転職エージェントは無料で登録でき、登録後に「担当アドバイザー」という担当者がついてくれます。そして、自分に合った求人の紹介、企業に「こんな実績の人が転職希望で、お勧めできます」という交渉、面接対策のアドバイス、収入の交渉などをしてくれます。

転職エージェントは無料で使えるので「本当に大丈夫なのかな?」と感じるかもしれません。管理人も利用した経験がありますが、とても便利でした。アドバイザーの方はさまざまな求人を紹介してくれて、「自分の実績でこれだけ転職できる可能性があるのか」とビックリしたものです(笑)

正直なところ、管理人はもともと独学で勉強したり、1人で物事を進めるのが好きなタイプでした(今もけっこうそうですが)。そのため転職エージェントも、「1人でどんどん活動したほうが効率良いのでは?」と思っていた派です。ただ、実際使ってみると「自分の視野は狭かった。井の中の蛙状態だ」と思いました。

転職のプロである転職エージェントを頼ったほうが転職がスムーズになりますし、良い転職につながりやすいです。それは、「あなたが良い転職をすることで、転職エージェントの実績アップにもつながるため」です。転職エージェントは企業から「成功報酬」で利益を上げています。つまりエージェントはあなたを満足のいく転職に導かないと、利益が伸びないのです。

転職エージェントは登録のときに「転職希望時期」を選ぶことができます。ほとんどのサービスで転職時期として、1ヶ月以内・3ヶ月以内・半年以内・1年以内・未定、のような項目から選べます。そのためすぐにより良い転職を目指してガンガン活動することも、「今はアドバイザーから情報収集をして様子見」という使い方もできます

転職エージェントに登録する前にしておくべき3つのポイント

転職エージェントに登録する前に、準備として行っておくと良いことがあります。本格的な活動はエージェントに登録後で良いですが、最低限として次のことをしておくと良いです。

1.今後の面接でアピールできる経験やスキルを洗いだしておく。
2.転職エージェントが公開している求人を見てみる。
3.今の研究職・開発職から転職したい理由をハッキリさせておく。
4.同業他社に転職して良いかを確認しておく。

それぞれについて説明していきます。

1.今後の面接でアピールできる経験やスキルを洗いだしておく

良い転職活動のためには「自己分析」が肝心。転職エージェントはもちろんあなたの転職活動をしっかりサポートしてくれますが、そもそも「自分がどんな実績やスキルをもっているか」や「転職して何がしたいのか」は、自分自身にしか分かりません。これがハッキリしていないと、転職エージェントも良いアドバイスができないのです。

そのため自己分析をして、自分のキャリアについて棚卸しをしましょう。

同じ研究開発職でも、転職すれば仕事の仕方や内容が大きく変わります。そうした新しい企業の仕事に対応できるかどうかは、あなたがもっているスキルや経験によって決まります。

研究職・開発職としての転職は、似た業種の企業(同業他社)に転職するケースもありますが、まったく別の製品を作っている企業に転職するケースもよくあります。管理人も、以前はコーティング剤の開発をしていたのが、その後はプラスチックの新素材開発の仕事に転職しました(まあ、高分子(ポリマー)という点では同じなのですが。マニアックな話でスイマセン)

このように、まったく別の製品を作る研究開発に転職するケースがあるので、他社でも通用するスキルや実績を細かく洗いだしておく必要があります。

自分がどんなスキルを身に付けているかは、意外と気付きにくいものです。それは普段から考えることがないためです。「検査・分析機器やマシニングなどの専門的な機器の操作」、「開発部署での取りまとめ業務」など、さまざまなことがスキルとして考えられます。

まずは自分のこれまでを振り返り、他の企業にメリットになることを洗い出しましょう。今は自己分析の段階なので、棚卸ししたことは保管しておけば良いです。今後の転職活動で書くことになる履歴書や職務経歴書に活かしていきましょう。

また、こちらの記事も参考にしてほしいと思います。
参考記事:転職活動で多くの方がやらないけれどやった方が良いこと、自己分析

2.転職エージェントが公開している求人を見てみる

これまでの経験を見直したら、転職エージェントが公開している求人をざっと眺めるのも良いと思います。

・どのような仕事内容かをチェック
・自分の経験・スキルが通用しそうかをチェック

この2点をチェックしながら眺めてみると良いです。

最初に転職エージェントに登録するのは、けっこう勇気が必要です。ですが、公開されている求人を眺めていると、興味が湧く仕事が見つかることがあります。

転職エージェントのホームページに掲載されているのは「公開求人」という求人の一部です。実際には、転職エージェントに登録してから本格的に紹介してもらえる求人がほとんどです。そのため、掲載されている求人だけでも「こんな求人があるんだ」と感じることができれば登録後はより多くの求人を紹介してもらえる可能性があります。要はざっと見ることで、転職へのモチベーションを高めることができます。

3.今の研究職・開発職から転職したい理由をハッキリさせておく

転職したいときには必ずひとそれぞれ理由があります。転職するときには、転職理由・動機をハッキリさせておく必要があります。

  • 仕事をする中で興味のある分野が変わってきた。
  • 今の自分ならほかの企業で主任やリーダーとして働ける気がする。
  • 収入アップを目指したい。

など、色々あると思います。転職活動では面接が必ずありますが、「想い」を伝えることはとても大切です。想いの強さによって企業の面接官は、あなたのアピールを強く感じるようになります。転職理由や動機は、この想いにあたる部分なので、深く考えておく必要があります。

これを考えておかないと、企業での面接で「なぜ今の企業に不満なのですか?」と聞かれたときに、戸惑ってしまったり、答えられなかったりする場合があります。

あなたの想いを企業にしっかり伝えられるようによく考えておきましょう。

マイナスの理由が転職理由になっている場合

転職するときには「今の会社が大変」「給料が伸びない」「人間関係が上手くいかない」などのマイナスなことが動機になっていることがあります。しかしこれでは転職が上手くいきません。企業は「前向きに取り組んでくれる人を採用したい」と考えているためです。

ただ、管理人自身、仕事がつまらなく感じて転職したことがあります。正直このときは、マイナスな理由での転職だったと思っています。今思うと、「つまらなく感じても、目の前のことで頑張れることがあっただろうな」と思います。

マイナス理由からの転職は、市販されている書籍で良くないこととされています。管理人もあまりおすすめしません。ですが、「つらいものは耐えられない」という気持ちも理解できます。

このときに大切なのは、意識の切り替えだと思います。「転職すれば現状から抜け出せる」と考えて転職するのではなく「環境を変えて、やり直すきっかけにする!」と決めて転職すると良いと思います。これなら前向きな転職動機になりますよね。考え方を変えるだけでも転職の結果に大きな差が出てくるので、気をつけてみてください。

こちらも参考にしてみてほしいと思います。
参考記事:今の仕事に正直不満がある際の転職で気を付けること

3.同業他社に転職して良いかを確認しておく

NDA書類
研究・開発として仕事をする人は、秘密保持契約(NDA)を結んでいることが多いです。これは「退社してから3〜5年は同業他社への転職禁止」というものです。これは契約なので、守らないとトラブルにつながる可能性があります。

同業他社への転職を考えている場合は、秘密保持契約を結んでいないかを確認しておきましょう。

こちらも参考にしてみてください。
参考記事:研究職に転職する際に結ぶ秘密保持契約(NDA)について

同業他社に転職するのは、「これまでライバル関係にあった企業に転職する」ということです。今の企業には物足りないところがあったかもしれませんが、お世話になっている面もあると思います。もし秘密保持契約を結んでいる状態で同業他社に転職すると今の会社に迷惑をかけてしまうので、極力やめておくほうが良いですね。

研究開発への転職を失敗しないためのエージェントとは?

以上の4点をふまえて、失敗しないためのエージェント選びを紹介します。転職エージェントはアドバイザーとの向き不向きがあるため、新卒の就職活動と同じように、2〜3のサービスを併用することをオススメします。転職エージェントもサービス利用社が併用していることは理解しています。そのためマナー違反などになることはありません。合わないアドバイザーに頼るほうが、今後の人生には良くないですからね。

まずは最低限押さえておきたいリクルート・マイナビ

tenshoku-1

まず登録したいのは、「リクルートエージェント」か「マイナビエージェント」です。この2つはもはや王道とも言うべきサービスで、求人量・転職サポートの質・アドバイザーの実力・転職成功実績の面で他社を抜きん出ています。両方とも遜色ないので、好きなほうを利用すると良いと思います。

管理人はリクルートのほうが就職・転職事業を長く行っているので、転職ノウハウや企業とのコネクションは強いと思っています。そのためリクルートエージェントを主に活用しました。マイナビは女性のアドバイザーが担当してくれたのですが、技術のことがあまり分かっていなかったので、正直「これでは良い転職ができない・・」と思って積極的に使うのをやめた経験があります。アドバイザーが良くなかったというよりも、相性面だったと思います。

>>「リクルートエージェント」の公式HPはこちらから
>>「マイナビエージェント」の公式HPはこちらから

年収アップしたい人にオススメの「ビズリーチ」

tenshoku-3

年収アップを目指す人にオススメしたいのが「ビズリーチ」というサービスです。サービス名がそのまま企業にとなっていて、「株式会社ビズリーチ」という企業が運営しています。

ほとんどの転職エージェントが無料の中、ビズリーチは有料プランがあるのが特徴です。プランは「スタンダード」と「プレミアム」という2つ。スタンダードは無料、プレミアムは今の年収が750万円未満の場合は「2,980円/月(税抜)」、750万円以上の場合は「4,980円/月(税抜)」の料金がかかります。

ビズリーチを最大限に活用するなら間違いなく、有料の「プレミアム」プランをオススメします。

正直なところビズリーチは、「なんだ、料金がかかるのか」と思う人には不向きです。ビズリーチはある程度のお金を投資して、より良い求人へのチャンスを広げたい人のためのサービスです。

ビズリーチは1500人以上のヘッドハンターを抱え、求人募集をしている企業数は5,300、公開している求人数だけでも57,000件以上。基盤はしっかりしています。紹介してもらえるのは国内外の優良企業やグローバルに働ける求人が中心。また、ビズリーチの基準をクリアしたヘッドハンターが、求人提案をしてくれます。スカウトもあるため、実績に自信があるなら企業からのアプローチを待つこともできます。

月に2,980円もしくは4,980円の費用がかかりますが、これで年収アップが見込めるならとてもリターンが良い自己投資といえます。利用する価値はあるサービスです。

ただ、「最初はやっぱり不安」という場合は、まずはスタンダードで申込みをして、その後プレミアムに変更すると良いと思います。もちろん「解約できない」などのトラブルはないので安心してくださいね。

>>ビズリーチの公式HPはこちらから

転職エージェントに登録したら、まずは情報収集から!

以上、研究職や開発職として転職するために転職エージェントが大切であることや、エージェントを利用する前にしておくべき4つのこと、おすすめのエージェントをご紹介してきました。転職エージェントに登録したら、まずは担当アドバイザーとの面談があります。そこで情報収集をして、今後について考えると良いと思います。

また、様子見の場合は面談を今後にすることもできます。まずは自分のペースで転職活動への1歩を踏み出してみてくださいね。