研究・開発職の面接でよく聞かれる、専門的な知識・技術の話題への対応

研究や開発職の面接では志望動機や自己PRなど、一般的な質問もありますが、専門的な知識・技術について詳しく聞かれることもよくあります。

特にキャリアアップをしようとしているなら、転職後に担当するテーマと関連する経験・スキルはしっかりアピールできるよう準備しておくべき。ここでは「どうやって専門的な話題・質問に対応すると良いか」についてポイントを解説します。

研究・開発の面接では、専門的な技術の話題が必ず出る。前もって対策を

研究や開発職の面接では、必ず技術についての専門的な話が出ます。

企業は即戦力を採用したいと考えていることが多いため、求める専門知識や技術を持っているかはしっかりと確認されます。

管理人も「これはできますか?」「これはご存知ですか?」とたくさん質問され、答えられなかった企業はすぐに面接落ちしたことがあります(汗)逆に企業の開発担当者に「この人は、ウチにないノウハウを持っている」と判断されれば、面接が一気にスムーズに進むことは多いです。

ただ、自分の経験・スキルを実際よりも大きく見せることはできません。また、できないことを「できます」と言ってしまうと、入社後にすぐついていけなくなってしまいます。

では、面接でどうアピールすれば良いのか?

ここから、面接の対策方法を紹介します。

面接官に「この人は採用したい!」と思ってもらう、3つのポイント

面接でやるべきことは、「自分の実力を、きちんと伝えること」。

自分の経験・スキル不足で面接に落ちるのは、ある意味仕方ないです。ただ、自分の持っているものを伝えきれずに面接落ちするのは避けたいもの。これを避けるには、次の3つのポイントに気をつけると良いです。

【面接で採用してもらうために押さえるべき、3つのポイント】

  • 自分の経験・スキルを振り返り、具体的に伝えられるよう準備しておく。
  • 転職後に担当することになる仕事について、質問を考えておく。
  • 「今後のビジョン」も考えて、伝えられるようにしておく。

自分の経験・スキルを振り返り、具体的に伝えられるよう準備しておく

しっかりと自分の技術や専門知識をアピールするためには、「キャリアの棚卸し」をすること。キャリアの棚卸しとは、「自分が今まで経験してきた仕事や身につけたスキル、出した成果・実績などを、振り返って確認しておく」という作業。

人は意外と、今まで経験したことを覚えていません。急に面接でアピールしようとしても思い出せなかったり、「〜だったと思います」のように曖昧な答え方になったりしがち。

キャリアの棚卸しをすると、「これも面接でアピールできそう」「こう話すと良さそうだ」のように、企業に合わせて自分をアピールしやすくなります。企業の求める人材に合わせるには、まず自分を知ることが大切なのです。

キャリアの棚卸しは、自己分析に似ています。次の質問を自分自身に投げかけて、浮かんだ答を紙に書き出していきましょう。PCでワードなどにまとめても良いです。

【キャリアの棚卸しで、自分に投げかける質問】

  • 今まで身につけてきたスキル・できることは?
  • どんな設備・計測機器・設計ソフトなどを使いこなせる?
  • 持っている専門資格は?
  • 今まで上げてきた、大きな成果は?
  • 成果を上げるために、どんな工夫や考え方をしてきた?
  • 研究・開発をする上での、自分の長所・短所は?

ほかにもあると思いますが、上のような問いかけを自分にして、答を出していきましょう。

こうしてキャリアを整理しておくと、専門的な話題になっても対応しやすくなります。

「今後のビジョン」も考えて、伝えられるようにしておく

これまでの経験・スキルと合わせて、今後のビジョンについても考えておくと良いです。もちろん転職後すぐは職場の上司から仕事を任されますが、「エンジニアとして、これからどうなっていきたいのか?」「会社のどういうポジションで働きたいか?」を考えておくと、面接で聞かれたときに安心です。

将来のビジョンはなるべく具体的なほうが良いものの、まだ今後のことはわからないことも多いはず。そのため「まずは担当させていただく業務でしっかりと結果を出し、今後はマネージャー的な立場で大きな仕事をできればと思っています」のように、ひとまずの答でも大丈夫です。考えていないと面接で話せなくなりやすいため、まずは今後について考える時間を作りましょう

転職後に担当する仕事について、質問を考えておく

研究・開発に転職する場合、転職先で担当する仕事も自分の専門分野に関係があるはず。企業からあなたに質問されることも多いですが、自分から企業に質問をするのも良いです。具体的な質問をすると、「しっかりと専門知識がある人だ」「仕事に前向きだ」と考えてもらうことができます。

面接の場ですぐに質問を考えるのは、難しいことも多いです。前もって聞きたいことを用意しておくのも十分好印象になるため、求人情報の仕事内容や企業のホームページなどを見て、担当することになる仕事について考えておくと良いです。

研究・開発の経験が浅い場合、「熱意」をアピール

人によっては第二新卒(転職のタイミングが、新卒入社から3年以内の人)などで、研究や開発の経験が浅い場合もあると思います。

この場合、自分の経験をアピールしようにも、正直なところ武器が足りません。それでも「この開発の仕事をしてみたい!」と思ったり、興味があったりするなら、熱意を伝えましょう。

「まだ経験は浅いのですが、大学でこうした研究をしてきて、現職でもこのような仕事をしてきました。御社の新素材開発にはとても興味があり、これまでの経験をできるだけ活かしてしっかり仕事をしていきたいと思っています。お役に立てればと思いますので、よろしくお願いします」

上のようなニュアンスでやる気を伝えれば、企業も「まだ若いし、伸びしろがあるかも」と考えて採用してもらえる可能性があります。

ただし熱意で面接に受かろうとする場合、「企業や仕事内容に、本心から興味を持っていること」は必須条件。表面的に「ぜひ御社で働きたいです!」と勢い良く伝えても、面接官は表面的な言葉をすぐに見抜いてしまいます。面接官はたくさんの転職希望者を見てきているので、意外と話し方や様子から熱意は分かるのです。

ちなみに管理人が前に働いていた職場の同僚は、情報系のSEから開発の仕事に転職しました。その同僚は当時25歳でまだ若く、研究・開発の経験はゼロでした。ですがITに詳しくて開発の仕事には強く興味をもっていたので、「設備を使ってテストはできるだろう」という理由で採用されました。

こんな例もあるので、第二新卒でも研究や開発に転職できるチャンスはあります。

専門的な技術の話題は、研究・開発への転職につきもの。必ず準備しておこう

研究や開発は、特定のテーマを追求する仕事。面接では専門的な話題が必ず出るため、キャリアの棚卸しや今後のビジョン、企業への質問などの準備をしておきましょう。きちんと対策すれば面接でしっかりとアピールでき、採用してもらえる可能性はグッと上がります。

また、自分のキャリアや今後のキャリアで迷ったら、転職エージェントに相談するのもオススメ。担当してくれるアドバイザーにアドバイスをもらいながら今までやこれからの仕事を考えれば、自分にベストな転職先を見つけられるはずです!