研究・開発に転職するなら、英語スキルがあるとさらに有利

研究・開発は、英語スキルが必要な場面もあります。最近は海外の企業や研究機関と共同でプロジェクトを進めたり、海外に工場を作ったりする企業も多いです。英語ができると活躍できるステージが広がるため、身につけておくに越したことはありません。

では、どれくらいのレベルで英語力が必要なのか?

ここでは「研究・開発と英語スキル」について紹介します。

大手の研究・開発へ転職するなら、英語スキルは必須!目安はスコア500点以上

最近の大手企業は日本だけでなく世界に向けて商品開発をすることが多く、英語スキルは必須。生産拠点の工場も海外に作ることが多いため、技術指導をするための出向で必要になることもあります。

管理人もそうでしたが、理系出身の人は英語が苦手な人が多いです。ただ、今はより大きなステージで活躍するなら、理系でも英語力は必要。

リクルートエージェントなどで求人を見てみても、高収入な案件は英語スキルを求めていることが多いです。上のように、TOEICのスコアで条件がついていることもよくあります。TOEICのスコアが重視される流れは、今後もしばらくは変わらないでしょう、

どれくらいの英語力が求められるかというと、「TOEICスコア500点以上」が目安。高いほうが転職でより有利になり、好条件な求人を紹介してもらいやすくなります。ただ、上を見たらキリがないので、まずは500点あると応募できる仕事の幅が広がります。

今スコアが足りていないなら、無理にTOEICを受ける必要はありません。ただ、英語スキルが重要視されていることを知って、今後は勉強していくと良いですね。

マネジメント職は海外とのやり取りが多いため、英語スキルがより重視される

大手や規模が大きな企業の研究開発マネージャーは、海外とやり取りすることがさらに多いです。

海外で進んでいるプロジェクトの管理をしたり、海外の企業とビジネスの商談をしたりすることもあります。

こうした場面でしっかりコミュニケーションを取るには、高い英語力が必要。日常会話レベルではなく完全にビジネスレベルで英語を身につけておく必要があります。

意外と必要に迫られて勉強すれば、苦手でも英語力を伸ばすことはできます。マネジメント職の場合、TOEICで700点や800点を求められることもあるため、職場で条件を確認しましょう。

入社後も英語の勉強が必要。学び方は人それぞれ

英語の学び方は、人それぞれ。参考書や音声で学ぶ人もいれば、英会話教室に通う人もいます。大手企業は福利厚生で英語の勉強ができるプログラムを用意していることもあるため、自分で購入しなくても勉強できることもあります。

ただ、どんな形でも、何らかの方法で勉強する人はけっこういます。これからの研究・開発としてのキャリアをしっかり考えるなら、英語の勉強をしていくのは必要なことといえますね。

管理人は一時期リクルートの「スタディサプリEnglish・TOEIC対策コース」というサービスを使っていました。月2,980円かかりますが、TOEIC対策の勉強が集中的にできるので、教材に悩みたくないならおすすめです。

中小企業やベンチャー企業に転職するなら、英語ができなくてもOK

大手なら必須の英語スキルですが、中小企業やベンチャー企業に転職するなら必須でないことが多いです。

特に中小企業は先輩や上司も英語ができないことがほとんどなので、逆に勉強しても役立たないかもしれません。

ベンチャー企業は新薬開発やバイオ関連の研究開発など、業種によっては英語が必要になることもあります。求人情報で確認しましょう。

これからの時代、英語はコスパの良いスキル。好条件な転職ができる可能性アップ!

最近は外国人を日本で見かける機会も増えてきて、英語が役立つ場面も増えてきました。

高いTOEICスコアを取っていると好条件な転職に直結することもあるので、これから転職を考えるなら勉強しておくと有利です。

また、英語力は伸ばすのにある程度時間がかかるため、もし転職に間に合わなくても勉強を続けることは大切ですね。