研究開発職で昇進するのに必要な英語スキルについて

「研究開発職で管理職に、俺はなる!
そのために専門分野を極めて、マネジメントの勉強もしてやる!」
と、意気込みを持っている方もいると思います。

ちょっと待ってください、英語も大事です!という話です。

TOEICのスコアが基準

英語

大手や外資系企業では、最近は昇進するために英語力が条件として設けられていることが多いです。
英語スキルの習得度合いの基準は、今はTOEICのスコアです。
しばらくこれは変わらないと思います。

必要なスコアは企業によって異なりますが、大体多くの場合600~700点くらいのスコアが基準になっています。
スコアが基準に達していないと、他の条件を満たしていても昇進できない可能性が高くなります。
他のスキルがズバ抜けていれば多めに見てもらえるかもしれません。
ですが、大手企業では優秀な人は沢山いるので、基準を全て満たしている人に昇進を持ってかれる可能性が高いです。

 

英語で高収入

リクルートエージェントでも高収入の求人で検索してみたところ、同じレベルの英語力が採用の条件として設けられている求人も比較的多くありました。
このことからも、英語が全てではありませんが、身につけていることで大きく有利に立てることは間違いありません。

英語は海外研究や生産拠点に出向く際に必要

最近はユニクロや楽天が企業での公用語を英語にする話もあります。
国内の大手企業の研究開発職では今のところなく、今後も変わらないと思います。
ですが、仕事をする上で英語は必要になる機会も多いです。

大手企業は海外に生産拠点を持っていることが多く、生産でトラブルなどが生じた際の解決役などで海外に出向くことがあります。
日本企業が海外に持っているのは生産拠点で、技術に詳しい方ももちろんある程度は現地にいます。
ですが本格的な問題が生じると、日本から知識を持ったスタッフが出向く必要があるケースも、中にはあります。

また、共同開発をしている海外企業とのプロジェクトに参加するというケースもあります。
先端的な研究は海外で行なわれていることも多いです。

英語を身につけていることでよりグローバルな視野で仕事をすることができますし、それは今後のあなたの大きな経験になってくれます。

マネジメント職は特に海外とのやり取りも多い

マネジメント英語

大手企業のマネジメント職に就く方は、海外企業の重要な立場の方と話す機会も増えてきます。

こうした場面でスムーズに相手の方と意思疎通を計っていくには、高い英語スキルが必要です。
将来的に世界を舞台にして仕事がしたいと思っている方は、日頃から英語の習得も意識しておくと良いでしょう。

また、大手企業のマネジメント職でも、英語スキルの基準が設けられていない企業もあるかもしれません。
その場合はラッキーと言えます。
他のスキルを伸ばす事に集中していきましょう。
ただし、今後必要になる可能性はあると思うので、あらかじめ準備しておくに超したことはありません。

理系の方は英語を毛嫌いする方も多いですが、意外と食わず嫌いなだけなことも多いです。
研究開発の専門性の高い話は難しいので、それを理解する力があるなら英語もマスターできるはずです。
少しずつ勉強していけば身に付けられますよ。

目標を持って勉強を!

英語の勉強のコツとしては、目標を持つことだと思います。

3ヶ月後に海外に行くことになった!
という状況になったら、必死に勉強できるという方も多いと思います。
このように、はっきりした目標がある方が習得しやすいです。

なので、半年後のTOEICのテストで600点を取る!など、先に目標を決めて勉強を始めると良いです。
漠然と勉強するとどうしても効率が悪くなります。
目標を決めると「聞き流しているだけでいいって聞いて、その通りにしてたけど効果なかった・・」ということもなくなります。

中小企業やベンチャーの場合、英語は必須ではない

中小企業やベンチャー企業の場合は、英語は必須ではないことが多いです。
なので、こうした企業で頑張ろうと思う方はそれほど英語を気にしなくて良いと思います。

ただし、ベンチャー企業は英語を使う機会がある企業もあるので、検討している企業で英語が必要かどうか確認しておくと良いでしょう。
特に製薬やバイオ系の研究をしている企業は英語が必要になりやすいです。

最近はグローバル化が進んでいて、ますます英語の必要性は高くなっていくと予想できます。
そうは言っても、英語なんかできなくてもまだ何も変わらないよ、という方もいると思いますが、変化が目に見え始めてからでは大変なことも多いので、今のうちから準備しておくと良いでしょう。