研究開発職として転職するのに学歴は関係ある?

研究や開発への転職を考える際に、学歴が気になるという方もいるかもしれません。
企業にもよりますが、学歴が一定レベル必要な場合もやっぱりあります。

学歴が必要になりやすい企業

特に必要となりやすいのは大手と外資系ですね。

中小企業とベンチャーはそこまでの学歴がなくても入社できる可能性があります。

大手と外資系は学歴重視になりやすい

学歴大手の研究や開発の部署では、まさに第一線とも言えるようなレベルの高い仕事が行なわれています。
本当によく聞くような大企業の場合は、転職の際には旧帝大や有名私大のレベルの学歴は必要になる可能性が高いです。
大学院修士卒も必要な可能性が高いです。
大手企業では、むしろ基本と言えるくらいのレベルで必要になります。

中堅国公立卒の場合は、企業によっては転職できる可能性もあります。
あとはあなたの経験やスキル、熱意次第ということになります。

外資系も似ています。
外資系の企業の研究開発と言うと製薬メーカーや化学系が多いです。
製薬メーカーを検討する方は元々学歴が高い方も多いので、実は問題ないかもしれません。

中小企業やベンチャーは学歴を気にしない企業も

学歴重視の度合い 応募者のレベル
大手・外資 高い 高い
中小企業
ベンチャー 中〜高い 中〜高い

中小企業やベンチャー企業の場合は比較的学歴によらないことも多く、特に中小企業の場合はそうです。
国立大を卒業していれば高学歴として考えてもらえることも多いです。
私立理系の場合はある程度はチェックされるかもしれませんが、それでも大手などに比べると緩めです。

ベンチャー企業は企業によって違います。
ベンチャーは有名大学と連携して研究していることも多く、小規模でもかなり高度な研究をしている所も多いです。
また、社長の学歴が良いことも多く、応募する方にも一定レベルの学歴を求める可能性もあります。

また、応募する方のレベルが高いこともあります。
ベンチャーは企業が大きく成長する過程を経験できるという魅力があります。
そのため意外と優秀な学歴や研究開発経験を持った方がチャレンジとして応募する場合もあります。
こうした場合は、学歴の良い方と比較されるため、高学歴な方が優先される可能性が高くなります。

ですが、全てのベンチャーがこうした企業ばかりではありません。
一定水準の条件を満たしていて、ベンチャーに興味を持ってくれる方なら採用する企業もあります。
こうした企業なら入社できる可能性はあります。

気になったら、まずはチャレンジ!

以上のことはあくまでも一般的な話です。
学歴がどういったものでも、十分な実績があり、人柄も良ければ学歴に関係なく入社できる可能性はあります。
なので、まずはチャレンジしてみるのが良いと思います。
意外と応募してみることで可能性が開けることもあります。
「学歴は今ひとつだけど、その他はいいはずだ!」という方は、積極的に攻めていきましょう。

もちろん応募して「やっぱりダメか」となる場合もあります。
ですが応募もしなければ確実なゼロなので、まずは応募してみてどうかを見てみると良いと思います。
学歴で落とされる場合は履歴書の段階ではじかれることも多いです。
なので、面接に行ける時点である程度の可能性があると言えます。

エージェントの方を仲介役に

人事に交渉また、どうしても入社したい企業の面接の前には、転職エージェントに相談するのも良いかもしれません。
「この企業に入りたいと思っていて、事業内容と自分のスキルもしっかり合っています。
でも学歴がちょっと不安なんですよね・・」
と伝えておくと、仲介役であるエージェントがあなたを企業に売り込んでくれる可能性があります。

「学歴が確かに少し足らない面はあるんですけど、実績はしっかりしているし、人柄も良くて良い人ですよ。
当社としてもお勧めできます」

と、エージェントがあなたをお勧めしてくれることで、より採用の可能性が高まりやすくなります。
絶対にこうしたことがしてもらえるという訳ではありませんが、エージェントの方と仲良くしておくと話してくれる可能性もあります(笑)
どうしても入りたい企業の場合は、やれることはなるべくやっておきましょう。

以上、学歴についてお伝えしてきました。
学歴は研究開発職にはたしかに影響しやすい所です。
ですが、スキルや経験、熱意でカバーできることもあるので、あきらめずに応募してみることをオススメします。