研究や開発へ転職するときに、学歴は関係ある?高学歴なほうが有利?

研究や開発への転職を考えるときには、「学歴がないと厳しいのかな」と思うこともありますよね。

研究や開発は専門的な知識と技術が必要なため、ある程度の学歴が必要な企業は多いです。ただ、中には学歴があまり関係ない企業もあるため、「まずはチャレンジとして応募してみる」というのがオススメです。

大手と外資系は経験・実績を重視しつつ、学歴も見られることが多い

学歴が特に重視されやすいのは、やはり大手企業や外資系のメーカー。

大手の研究・開発部は、まさに第一線の仕事が行なわれています。

ソニーやパナソニック、キャノンなど、社名をよく耳にする大企業の場合、旧帝大や有名私大レベルの学歴は必要なことが多いです。また、学部卒では厳しく、大学院修士(マスター)までの学歴が求められることがほとんど。

大手企業にはこうした学歴の人がゴロゴロいるため、むしろ普通といえるくらいのレベルになっています。

地方の国公立大学・大学院卒の学歴はハードルが上がるものの、経験やスキル、熱意によっては採用してもらえることも。

外資系も、国内の大手企業と似ています。やはり有名大学・大学院卒レベルの学歴だと有利になるのは間違いありません。

中小企業やベンチャー企業は、学歴を気にしないことも

大手や外資系に対して、中小企業やベンチャー企業は学歴をあまり気にしないこともあります。

特に中小企業は採用に苦戦することも多いので、私立・国公立関係なく、理系の学部を卒業していれば採用してもらえることはよくあります。地方の国公立大学を卒業していれば、それだけで高学歴と考えてもらえることもあります。

ベンチャー企業は、企業によって違います。

ベンチャー企業は有名大学と連携していることも多く、小規模でもかなり高度な研究・開発をしている会社も多いです。また、社長の学歴が高いこともよくあり、応募する人にも一定レベルの学歴を求める可能性があります。

また、応募する人のレベルが高い場合もあります。ベンチャーは「企業の成長ステージを経験できる」というメリットがあります。そのため優秀な人がこれまでの地位を捨てて、新たなチャレンジとして応募することがあります。

こうした人と同じタイミングで採用募集に応募した場合、高学歴な人と争うことになります。つまり、それだけ転職のハードルはたかくなります。

ただ、全てのベンチャー企業がこうした状況なわけではなく、ある程度の学歴があれば、経験や熱意を重視してくれるところもあります。これは正直なところ、応募してみないとわかりません。

学歴があると確かに有利。ただし気になる企業は、とにかく応募してみるべき

結論として研究・開発へ転職する場合、学歴があると有利なのは確かです。ただ、それ以上に大切なのは、「企業に利益をもたらす人材かどうか」ということ。

これまでの仕事で十分な経験や実績があり、人柄も良ければ、学歴は関係なく入社できる可能性があります。

なので、「気になったらまずはチャレンジ」というのがオススメ。

「学歴がないからダメだろうな」と思っていても、意外と応募してみたら採用になった、なんてことは意外とあります。自分で自分の可能性を狭めず、積極的にチャレンジしてみてください。

ちなみに本当に学歴重視の企業は、書類選考で落とされるはず。なので書類選考が通った時点で学歴はOKと理解して、面接は自分をしっかりアピールしましょう。

転職エージェントのアドバイザーに、好印象をもってもらおう

学歴のマイナスをカバーするには、転職エージェントのアドバイザーを上手く頼るのがオススメ。

転職エージェントのアドバイザーは、企業にあなたを紹介してくれる存在。つまりアドバイザーが「学歴はそこそこなんですが、経験や実績はとてもしっかりしていて、人柄も良いですよ。弊社としてもお勧めできる方です」とあなたを紹介すれば、企業は「それなら会ってみよう」となる可能性は高いです。

この状況に持ち込むためには、アドバイザーにしっかり自分を売り込むことが大切。アドバイザーとの面談には清潔感のある服装・身だしなみで向かい、これまでの経験やスキルはしっかりと具体的に伝えましょう

 

また、アドバイザーとこまめに連絡をとることも大切。「履歴書を書いたのですが、どうでしょうか」「面接に向けて、ここが不安なのですが・・」など、気になることは相談してみてください。

ときどきコミュニケーションを取っていると、アドバイザーがあなたのことを覚えてくれます。親身にサポートをしてくれやすくなるため、「気になることが出てきたら、まずは相談」がオススメです。

(参考)転職エージェントで非公開求人を紹介してもらう、4つのポイント!

学歴を気にしすぎず、気になる企業はとにかくチャレンジ!

研究や開発に転職する場合、学歴は確かに大切。ただしそれだけではなく、経験・実績・スキル・熱意・人柄なども大切です。これらが良ければ学歴のマイナス面をカバーできる可能性は十分あるので、諦めずにチャレンジしてみてくださいね!「ここはムリかも・・」という企業でも、意外とチャンスが見えることもあるはずです。