研究開発職に向いている5つの資質

038

研究や開発の仕事は専門性が高い仕事です。そのため向き不向きがあります。自分に合っているかを確認することで、後悔のない転職をすることができます。ここでは研究・開発の仕事に必要な「5つの資質」紹介します。

技術についての話題が好き

研究職・開発職として仕事をしていくには、「技術についての話題が好き」ということがとても大切です。

研究職や開発職は深く追求する面白さがありますが、ときにはとても専門的なことや、難解な数式などを理解しないといけないことがあります。これを楽しめるかは、やはり好きかどうかに尽きます。

技術の話題は研究開発の仕事をしていると、毎日触れることになります。技術は常に進歩していて、新しい話も次々に出てきます。そのため常に興味をもって、新しい話題も積極的に情報収集できる人に研究職・開発職は向いているといえます。

有名ですが最先端の話題を紹介している「NATURE」や「SCIENCE」、その他新しい論文や特許などを読むのが好きなら問題ないと思います。

新しい発見をするのが好き

研究・開発は、常に分析・検証を繰り返して、新しい結果を導きだすのが仕事になります。そのため、「ルーチンで決まったことをしているほうがラク」という方には向きません。

「何度もテストを繰り返す」というのは一見ルーチン的な作業に見えます。ただ、きちんと意味があり、目的をもって行うものなので、単純作業ではありません。

管理人も同じテストを毎日のように繰り返していたことがありました。正直このときは「今日もこのテストか・・」とため息が出ることもありました(汗)ただ、根気良く繰り返してデータをまとめていくことで、最終的に新しい結果を導き出すことができました。このときは報われた感じがしましたね。週末に飲みに行ったのは言うまでもありません(笑)

今は社長さんが亡くなられてしまいましたが、特徴的な経営で知られる「未来工業」という企業さんが、「常に考える」ということを大切にしています。研究職・開発職はいつも考えることが必要で、考えることが好きな人に向いているといえます。

好きなことに集中できる

研究開発の仕事は「ニッチ(狭い)な分野のスペシャリスト」として仕事をすることになります。たとえば車の開発といっても、沢山のパーツがあります。エンジン・車体・タイヤ・カーナビ・ガラスパネルなど・・。それぞれのパーツごとに開発部門があり、そこにはとても高い専門性を持つ担当者がいます。

研究職・開発職の仕事は、ひとつのことについて追求したり、集中できたりする人に向いています。

また、ひたすらテストや検証を繰り返すときには、忙しくなることがあります。このときには連日かなり大変になることもあります。ですが仕事が好きで、夜遅くまで仕事をするのに抵抗がない人はけっこういます。これは、その分野を追求するのが面白いと感じているからだと思います。

ちなみに人によっては「好きなことに集中できるけど、飽きるのも早い」ということがあると思います。こうした人にとっても、研究開発は向いていると思います。こういう人は新しい刺激を求めて新しいことを追求しやすいからです。研究職・開発職は日々新しい発見・新しい刺激があります。そのため飽きが早い性格でも、飽きずに続けられる仕事だと思います(笑)

失敗を「経験」と前向きに考えられる

研究開発の仕事では上でも紹介しているように、テストを繰り返すことが多いです。こうした中では上手くいかないことが当然あります。結果がなかなか出ないと、ストレスやプレッシャーを感じることがあります。ですがこうした時にも、ヘコみすぎずに仕事を楽しめるかが大切です。

管理人は若いときに結果が出ないプレッシャーから転職してしまった経験があります。今思うと早まった行動で、良い意味で少し楽観的になれば良かったなと思っています。

研究開発の仕事をしている上では「失敗は当然」という感じで、前向きに取り組むと良いと思います。期限が近くて焦ることはありますが、「何とかなる」と思っておくだけでもけっこう違います。

常識やヒューマンスキルを身に付けている

研究職・開発職の仕事はある意味、マニアのような面があります(笑) マニアの人に多いのが、「社会人としての常識やコミュニケーション力が不足していること」です。

中には「自分はコミュニケーションが苦手だから研究の仕事をします」という人がいます。研究・開発の仕事はもくもくとやる仕事と思われがちです。ですが、製造部門や営業部など、ほかの部署の担当者と接することもたくさんあります。なので「ヒューマンスキル」と言われるような「コミュニケーション力」や「常識的な感覚」を身に付けておくほうが良いです。

とくに大手のメーカーや規模の大きな企業になるほど、さまざまな人とのやり取りが増えます。そのためコミュニケーション力がより必要になります。いわゆる「できる人」も、知識の豊富さもさることながら、コミュニケーションが周りの人と上手に取れる人が多いです。

こうしたことは、ある程度身に付けている人が多いかもしれません。「コミュニケーションは苦手だな」と思う場合はこれから直していけば良いので、日頃の生活の中で気をつけてみてください。

当てはまるものが多いほど向いている

以上、研究職・開発職に向いている5つの資質を紹介してきました。これら全てが当てはまっていればベストですが、全部でなくても良いと思います。仕事をする中でより研究や開発の仕事を好きになったり、色々な技術の話題に興味が湧いてくることもよくあります。

あてはまっているものが3つ以上あれば、研究開発の仕事を検討するのも良いと思います。

研究職・開発職の求人探し・情報収集を失敗しないためには?

研究職・開発職へ転職するなら、「転職エージェント」を使うのがオススメ。転職エージェントはリクルートエージェントやdoda(デューダ)など、「担当のアドバイザーが、転職活動のサポートをしてくれるサービス」のことです。

管理人は性格的に、物事を1人で追求するのが好きなタチです。そのため転職活動も「自分で進めるほうが早いし、好きに活動できる」と思っていました。ですが、これは間違っていたと思います。結果として独りよがりな活動をしてしまい、あまり満足のいく転職活動ができませんでした・・。

あらためて転職をするときに転職エージェントを利用してみたところ、アドバイザーからの求人紹介や面接サポートがとても助かりました。「無料でここまでしてくれるんだ・・」という感じで、ホント最初から使っておけば良かったと反省しました(汗)。

転職エージェントは無料で利用でき、しつこく営業してくるようなことはありません。希望に合う仕事を見つけたり、情報収集をしたりするのにとても役立つため、ぜひ活用してみてください。特にオススメのサービスを、3つ紹介しておきます。

バランスの取れた鉄板のサービス「リクルートエージェント」

まず鉄板でオススメなのは「リクルートエージェント」。研究・開発へ転職するなら、外せないサービスです。

研究や開発の仕事は誰でもできるわけではなく、求人も少なめ。ただ、大手の転職エージェントはさまざまな企業と豊富なネットワークを持っているため、求人の数が多いです。

リクルートは人材系の企業としてあまりにも有名。そのため大手企業が人材を募集するときも「リクルートにお願いしよう」となることは多く、質の良い求人を多数確保しています。また、限定的に紹介される非公開求人も豊富です。

また、リクルートエージェントは転職エージェントの先駆け的な存在で、たくさんの人をサポートしてきた実績があります。そのため過去の事例を元にアドバイスしてくれやすく、アドバイザーのサポートも高いクオリティが期待できます。

>>「リクルートエージェント」の公式サイト・詳細

エンジニア専門の転職エージェント「メイテックネクスト」

もうひとつオススメなのが「メイテックネクスト」。

就活でもリクナビ・マイナビを併用したことがあるかもしれませんが、転職エージェントも2〜3つのサービスを併用するのがオススメ。

メイテックネクストは珍しい「エンジニア専門の転職エージェント」で、大手企業の研究・開発や社員数1,000人規模の準大手企業、面白い事業を展開しているベンチャー企業など、さまざまな案件が揃っています。チェックして損はない求人が見つかるため、サブとして使ってみるのは良いと思います。

また、ほかのエージェントだと文系出身のアドバイザーが担当になることもありますが、メイテックネクストは心配ナシ。エンジニアの事情や各業界に詳しいスタッフが求人の提案やアドバイスをしてくれるため、「何かアドバイスが的外れなんだけど・・」ということが少ないです。

>>「メイテックネクスト」の公式サイト・詳細

アピールできる実績があれば年収アップを狙える「ビズリーチ」

「ビズリーチ」はハイクラス向けの転職エージェント。年収アップが期待できる求人を厳選していて、企業やヘッドハンターと呼ばれる採用のプロがオファーをくれます。

運営会社の「株式会社ビズリーチ」は2009年に設立された新しい企業。即戦力人材の転職に絞ったサービスで急成長して、今は求人数10万件以上とかなり豊富な案件数を誇ります。

正直なところビズリーチは、使う人を選びます。無料で利用することもできますが、無料版の「スタンダード」はあくまでもお試し。本格的に転職活動をするなら、有料の「プレミアム」を利用するのがオススメです。

プレミアムプランは「タレント会員」と「ハイクラス会員」に分かれており、今の年収が750万円以下なら2,980円(税抜)/月のタレント会員、750万円以上なら4,980円(税抜)/月のハイクラス会員となるのが基本です。

ビズリーチは有料ではあるものの、これで理想の転職ができるならお得な投資だと思います。

本格的に転職活動をスタートすると、2〜3ヶ月ほどで次の仕事が決まることは多いです。つまりビズリーチを利用する期間も2、3ヶ月ほどのため、「1〜2万円ほどの投資」と考えることができます。

ただし、「お金を払えば良い転職ができる」と単純に考えるのはNG。きちんと実力・スキルがあり、それを企業へアピールできるなら、ビズリーチは払ったお金以上の大きなリターンを得られるはずです。

>>「ビズリーチ」の公式サイト・詳細

自分の資質を把握して、研究職・開発職の検討を!

ここでは研究職・開発職に求められる資質と、オススメの転職エージェントについて紹介しました。

研究・開発は、向き不向きが分かれやすい仕事です。ただ、自分に合っていればやりがいを持って長く働きやすく、変化が大きいこれからの時代にも必要としてもらえます。5つの資質が自分に当てはまっているかを確認して、「向いている」「面白そうだな」と感じたら、上で紹介した転職エージェントを使ってみてください。

転職エージェントに登録しても、必ず転職しないといけないわけではありません。転職エージェントは早く転職したい場合にも使えますし、「まずは情報収集をしたい」というときにも役立ちます。研究・開発は魅力的な仕事なので、ぜひ理想の転職を叶えてほしいと思います。