研究開発職の仕事、実際どうなの?本音の口コミ

研究や開発は憧れる人も多い仕事。ただ、せっかく働き始めても、場合によっては「思っていた仕事と違う・・」と後悔してしまうこともあります。

こうならないためには実際どんな仕事なのか、前もって知っておくことが大切。憧れと実際で違う部分は、やっぱりあります(汗)

ここでは研究開発の仕事が実際どうなのか、管理人の個人的な感想をお伝えします。これから転職しようと思っているなら、参考にしてみてください。

研究・開発のココがいい

まずは研究・開発の良いところを紹介します。先にお伝えしておくと、管理人はトータルで考えると、やはり研究や開発は良い仕事だと思います。どんな点がメリットなのかを紹介します。

日々、学べることが多く、刺激や発見になる

研究や開発をするには、さまざまな分野の知識が必要。どれだけ追求しても終わりがなく、自分の専門以外の知識も、仕事に関係することは学ぶ必要があります。なので、日々勉強です。

管理人がいた職場では、セミナーや学会に参加して勉強する機会がありました。働きながら勉強させてもらえたので、とてもありがたかったです。

ただし受け終わったあとは内容を報告書にまとめて、今後の業務でどうしていくかを考える必要がありました。まとめることで頭を整理できますが、少し手間はかかります。

また、常に学ぶことがあって刺激的なのは良いですが、新しいテーマを担当するときや、まだ転職して間もないときは、勉強に追われることもあります。少し大変ですが、仕事に必要なので仕方ないかもしれません。

同僚や上司など、周りに優秀な人が多い

研究や開発は、大学でしっかり勉強・研究していないと担当できません。特に大手企業の研究所、開発部はハードルが高く、優秀な人や有名大学出身の人がたくさんいます。「スゴい人って、世の中にホントたくさんいるんだ・・」と感じさせられるかもしれません。

また、上司も長く研究や開発をしてきた人なので、幅広い知識をもっていることが多いです。大手の開発部長は、大きな実績を出して今の立場になっているため、アドバイスから学べることは多いはずです。

勉強で学べることだけでなく、周りの人からの刺激も、研究・開発の仕事は大きいです。

好きな分野で、高収入を狙いやすい

研究や開発は「スペシャリスト」の仕事。専門性が高く、ひとつの分野を極めていくと、代わりになる人がなかなかいません。高い経験・スキルをもつエンジニアになれば、それだけ高収入を得やすくなります。優秀な人材はどこの企業もほしいので、転職にも困らないでしょう。

管理人の友人(30歳手前)もスマホの液晶パネルの開発をしていて、「かなり忙しいけど、年収800万円超えたよ」と言っていました。うらやましい限りです。

研究や開発はもともと好きなことや興味のあることを追求しやすい仕事。好きな分野で高収入を得られるので、とても良い仕事だと思います。

ぶっちゃけ、研究・開発のここはイマイチ・・

ここまで、研究や開発の良いところを紹介してきました。ただ、メリットもあればデメリットもあるのが世の中。ここからは、研究・開発のデメリットを紹介します。

思考やアイデアが必要なく、ルーチン的な作業もある

研究や開発は「自分でいろんなことを考えたりアイデアを出したりして働くんだろうな。誰でもできる仕事じゃなくてカッコイイ!」と思う人もいますが、実際のところ、ルーチン的な作業もあります

管理人が担当していた開発の仕事も、「こういう方向でテストしていけば、どこかで性能を最大化できる条件が見つかるはず」という仮説を立てたら、あとはひたすら同じ作業の繰り返しでした。

地道にサンプルをたくさん作り、それを装置にセットして、条件を変えながら1つずつテストしていく・・。1回のテストが終わるまでに1時間ほどかかったので、このときはけっこう単調な仕事でした。

もちろん測定している間に他社の製品を勉強したり、関連する技術の知識を学んだりといったことはできますが、ヒマなこともあります。

つまり研究や開発だからといっていつも刺激的なわけではなく、ときには飽きるときもあります。

もちろん最初にテストの計画を考えてから作業するので、「今は計画のココまで進んでいる」という感覚はあります。単純作業はありますが、本当の意味ではルーチン作業ではないです。

ノルマや納期がある仕事も多い

特に開発の場合、「1ヶ月で耐久性10%アップ」「3ヶ月後に、新製品に必要な開発業務を終わらせる」のように、ノルマや納期を決められていることが多いです。

大手メーカーで仕事をする場合、シーズンごとに春・夏・秋・冬モデルを発売する必要があります。これに向けて期限やノルマが設定されていて、開発プロジェクトが進みます。

開発スケジュールはキツめの設定になっていることが多いため、上手くテストが進まないとかなり慌ただしくなります。もし遅れが出そうな場合、早めに先輩や上司に相談してアドバイスをもらいながら進めます。

きちんと頑張って取り組んでいれば、期限に遅れることはあまりないはず。ただ、人によってはプレッシャーやストレスを感じてしまうことがあります。大丈夫そうかどうか、考えておきましょう。

ちなみにプロジェクトがひと区切りつくと一気にヒマになり、定時の17時30分帰りなんてこともあります(笑)

海外に出向くこともあるけど、結婚すると大変かも

「世界に通用する研究をして、海外に出向きたい」

こんなふうに考える人もいますが、研究や開発の仕事をしていると、こうした機会は意外と多いです。グローバル企業は日本だけでなく海外にも工場や研究所があるため、実力がついてくるとこうした所へ出向くことも出てきます。

海外赴任は「3年間、アメリカに滞在して研究をする」のように中長期の場合もあれば、「海外の工場がトラブってるから、1週間だけ解決のために出向く」のような短期の場合もあります。

どちらもやはり格好良く感じますが、何度か海外へ出向く機会があると、けっこう大変・・。飛行機に長時間乗るのはキツイですし、結婚すると家族との時間が取りにくくなります。

もちろんやりがいや学び・刺激の面では大きいため、海外赴任を楽しめるかは人によりますね。

本当に研究・開発が向いているか考えてから転職しよう

ここまで見てきたように、研究や開発は良いところも悪いところも両方あります。どの仕事にも言えることですが、全て良いことばかりというわけにはいきません。

研究や開発は、実力勝負の世界でもあります。厳しい環境の中、決められた期間でなかなか成果を出せずに、辞めてしまう人も残念ながらいます。

転職を考えるときはメリットとデメリットを踏まえた上で、自分に合いそうか考えてみてくださいね。

ただ、トータルで考えると、やはり研究や開発は良い仕事だと思います。大変なこともありますが、その経験から得られるものはとても大きいはず。

今の時代は変化が激しく、「AI(人工知能)やロボットなどが広まって、いろんな仕事がなくなるのではないか?」と言われています。

ですが研究や開発は、まさにそのAIやロボットなど、新しい製品や技術を作る仕事。これからも仕事がなくなることはないので、チャレンジ精神をもって転職してみるのも良いと思います。前もって良いところと良くないところの両方を知っておけば、きっと大変なことがあっても乗り切りやすくなるはずです!

もし自分に研究開発が向いているかで迷ったら、「転職エージェント」に相談してみるのもオススメ。スタッフがあなたの経験やスキル、適正を踏まえてアドバイスしてくれて、ベストな仕事を提案してくれるはずです。