研究開発職の1日ってどんな感じなの?

研究職や開発職に転職をしたいという方は多いです。
ですが、実際の仕事がどんな感じなのか気になる方も多いと思います。

今回は管理人が経験した研究開発の仕事の「リアルな風景」を紹介したいと思います。
経験したうちの2社をご紹介するので、参考にしてみてください。

1社目 製造メーカーの開発職

ここは製造を主に行なっている企業で、新しい製造技術を開発するという仕事でした。
より良い製品を作るためには高い技術が必要で、テストを重ねて新技術を開発するという仕事でした。

一日の大体の流れはこんな感じです。

8:00 会社に到着。同僚と話したり、雑誌(ビジネス系)読んだり。
8:30 仕事スタート。上司とその日1日の動きを伝える。簡単なアドバイスをもらう。
8:45 テスト設備がある部屋に行き、テスト開始。
最初に計画しておいた計画表に沿って、条件を変えながらテストをしていく。
同時にPCを使ってのデータのまとめ、報告書を途中まで仕上げるなど。
設備は一度動かすと一時間くらい何もできないことがあったので、
正直同僚と話していることもありました(笑)
12:00 事務作業をする部屋に戻って昼食。
13:00 再度テスト再開。
大体昼食時には休憩する前に設備を動かして、
戻ってきたら設備が止まっているという感じでやっていました。
17:00 テスト終了。
次の日のテストに備える準備をしておく。
18:00 事務作業の部屋に戻ってミーティング。
その日の業務の報告などと他のメンバーとの意見交換。

という感じでした。
通常の日はほぼテストという感じで、これだけ見ると変化のないようにも見えると思います。
テストをしている最中はあれこれ考える必要があったり、どうしたら上手くいくかを考えて相談したり、調べ物をしたりと、サボっていたわけではなく(笑)
わりと忙しくしていました。

発見あとは共同研究をしていた企業に出向いて技術や情報の共有をしたり、セミナーに参加して新しい技術を学ぶ機会もありました。
こういう所は研究開発職のとても良い所ですね。
新しい刺激が得られる機会がとても多くて、日々発見や気付きなどがある感じです。毎日退屈しないです(笑)

規模がある程度ある会社だったので比較的設備なども整っていて、仕事がしやすい環境でした。

2社目 ベンチャー企業での研究開発職

こちらはベンチャー企業での新しい製品の研究開発職です。

とても少数精鋭の小さな企業でしたが自社製品を持っていて、独自のノウハウで作り出された高機能な製品を販売していました。

研究開発職としての目標は、製品をより良いものにしていく、もしくはお客さんのニーズに合わせてよりラインナップを増やしていくというものでした。

テスト3こちらも先ほどの1社めと大きな動きはほぼ同じで、テストを繰り返していくというものでした。
そして上手くいく条件が出てきたら、その誤差範囲をより深くテストして出していきます。
この頃は顕微鏡が友達でした・・(笑)
最終的に報告書にまとめて、スペックを作成し、新しい機能を持つ製品として販売スタートという流れでした。

特徴としてはベンチャー企業ならではで、製品の改良にはかなり融通が利いたという所です。
ちょっとでも良い性能のものができそうならテストを繰り返して販売にこぎつけるという、スピード感のある仕事でした。
こうした点はベンチャー企業ならではのメリットだと思います。

また、研究開発職として仕事をしていたのも少人数だったので、一人に任される仕事も責任の大きなものでした。
正直これはちょっとプレッシャーになりました(汗)

ですがチャレンジしたいという方には向いていると思いますし、頑張ってキャリアを積めば、その企業で相当良いポジションになれると思います。
企業自体がかなり儲かっていたので給料も高めでした。
忙しいのは忙しかったです

以上、研究開発の一日の風景をご紹介してきました。
もちろん企業によって仕事のスタイルは変わるので、あなたが転職する企業もこれと同じような形になるかは分からない面もあります。
ですが、参考にはなると思いますので、ぜひあなたが仕事をしているイメージも膨らませてみて欲しいと思います。