リクルートエージェントに申込みをしてからの流れ

転職するときには「転職エージェント」を使うと良いですが、中でもオススメなのが「リクルートエージェント」。管理人もお世話になりましたが、本当に助かるサービスだと思います。

初めて転職活動をするときは、何をすればいいのか、どんな流れで活動が進むのかわからないことも多いもの。そこでここでは、リクルートエージェントに申し込んでからの流れを紹介します。

どんな感じなのか知っておくと転職活動のイメージがわきやすくなり、アクションを起こしやすくなります。心の準備を整えて、転職活動をスタートしましょう!

>>リクルートエージェントの公式サイト・詳細

リクルートエージェントに登録してから面接を受けるまでの4ステップ

リクルートエージェントに登録してから企業の面接を受けるまでは、大きく4つのステップがあります。

【リクルートエージェントへの登録〜面接までの流れ】

  1. リクルートエージェントの公式サイトから、転職サポートの申込み。
  2. 担当のアドバイザーから電話がくるため、面談の日時を決める。
  3. アドバイザーと面談。キャリアカウンセリングと求人の提案。
  4. 興味をもった求人に応募!

何はともあれ、まずはリクルートエージェントへ登録すると、全てが始まります。あとは自分を担当してくれるアドバイザーが順番に連絡してくれるため、上の4ステップをだいたい理解しておけばOKです。

各ステップを、順番に見ていきましょう。

1. リクルートエージェントの公式サイトから、転職サポートの申込み

まずリクルートエージェントの公式サイトを開き、「無料登録」のボタンからサポートの申込みをします。申込みフォームでは希望の転職時期や今の職種・年収、連絡先のメールアドレスなどを入力します。

リクルートエージェントは「プライバシーマーク」を取得していて、今の職場に転職することがバレることはまずないです。なので、安心して利用できます。

リクルートエージェントの担当アドバイザーは、あなたが入力した情報を元に、キャリアカウンセリングや求人の提案をしてくれます。

入力する項目はわかりやすく、それほど迷うことはないはず。ウソのないよう、正しい情報を入力しましょう。

2. 担当のアドバイザーから電話がくるため、面談の日時を決める

申込みが完了すると、登録したメールアドレスに「登録完了通知のメール」が届きます

メールの内容は「数日の間にアドバイザーから連絡するので、少々お待ちください」というもの。ここからしばらく、リクルートエージェントからの連絡を待つことになります。電話がくるまではだいたい3日以内、遅くても1週間以内にはかかってきます。

管理人は2回リクルートエージェントを使ったことがありますが、2回とも連絡は申し込んだ当日にきました。そのうちの1回は、夜の19時ごろだったと思います。なので、かなりスピーディに対応してもらえます。

ただし東京や大阪だと転職を希望する人が多いので、もう少し時間がかかる可能性はあります。

ちなみにアドバイザーは、こちらから特定の人を指名することはできません。リクルートエージェント側があなたの経歴を確認して、希望する職種・業種に詳しいアドバイザーを担当にしてくれます。また、経験やスキルが高い場合、より経験豊富なアドバイザーが担当になってくれることもあります。

アドバイザーを選べなくても、初めて転職するときはあまりこだわりがないと思います。リクルートエージェントに任せておきましょう。

アドバイザーからの電話は「面談をしましょう」という内容です。電話で希望の仕事やこれまでの経験・スキルを話すのは大変なので、「お会いして相談しましょう」という流れになります。

自分の都合が良い日と、アドバイザーの空いている日をすり合わせて、面談日時を決めます

3. アドバイザーと面談。キャリアカウンセリングと求人の提案

面談日が決まったら、指定の日時に向かいましょう。場所は各地にある、リクルートエージェントのオフィスです。

面談当日は仕事帰りにスーツで行っても、私服で行ってもOK。ただ、あまりラフな格好はやめておくほうが良いです

リクルートエージェントのアドバイザーは面接官ではないので、面接のように緊張する必要はありません。ただ、アドバイザーは「企業にあなたを良い人材として紹介する存在」。アドバイザーにマイナス印象を持たれると、「この人をあの企業に紹介するのは、ちょっとやめておこう・・」と思われかねません。

そのためアドバイザーとの面談は私服OKだからといって油断せず、「清潔感のある、シンプルな服装」で向かうのがオススメです。

逆にアドバイザーから「この人良さそう」と思ってもらえれば、好条件な求人を紹介してもらえることもよくあります。

エージェントとの面談の内容

アドバイザーとの面談で話す内容は、大きく分けて次の3つ。

  • キャリアカウンセリング
  • 転職活動の流れの説明
  • 求人の提案

挨拶があってアドバイザーから名刺を受け取ったら、まず行われるのがキャリアカウンセリング。

アドバイザーからは「これまでの職歴」「転職を考え始めたきっかけ・理由」「希望の業種・職種」などが確認されます。この情報を元に紹介してもらえる求人が決まるため、なるべく具体的に、しっかり伝えると良いです。アドバイザーにできるだけ細かく相談するのが、リクルートエージェントをフル活用するコツです。

カウンセリングが終わったら、転職活動の流れについて説明があります。「求人の提案 → 応募 → 書類作成 → 面接」の流れで進みますよ、という話です。転職活動の全体像を確認しておきましょう。

面談のときにすぐ、求人紹介があることも多い

キャリアカウンセリングと転職活動の説明が終わったら、その場で求人の提案があることは多いです。リクルートエージェントは確保している求人の数が多いため、どんなキャリアでもわりとすぐに仕事を紹介してもらえます。

つまりリクルートエージェントに登録すると、転職活動は意外と早く進みます(笑)転職サポートの申込みをしてから、1〜2週間後には求人の紹介を受けていた、なんてこともよくあります。

面談当日にアドバイザーから良さそうな求人を紹介してもらうことができ、それ以降で新たに募集が始まった求人は、その都度紹介してもらえます。追加の求人は、後日アドバイザーからメールや電話で紹介してもらえます。

ちなみにリクルートエージェントに申し込んだからといって、絶対に転職しないといけないわけではないです。求人をゴリ押しされることはなく、中には半年や1年かけてじっくり転職活動をする人もいます。リクルートエージェントは大手で利用者が多いので、余裕のある対応がメリットです。

また、「自分のスキルでも転職できるのかな?」「ホントに大丈夫かな?」という場合でも、リクルートエージェントは使いやすいです。アドバイザーはそれぞれの人の経験・スキル・適正を見極めて、ベストな仕事を提案してくれます。「まずは相談してみる」という使い方も良いと思います。

紹介してもらえた求人に興味がわいたら、「この案件に応募したいです」とアドバイザーに伝えれば、応募・選考に入ります。「ほかの求人を検討したい」という場合、また近いうちに連絡がもらえます。

ただ、「どの求人もピンとこない・・」と言い続けていると、アドバイザーはあなたのサポートを後回しにしてしまうことがあります。リクルートエージェントを利用する人は多いため、転職をそれほど急いでいない人は、月に1度や2度の連絡になるかもしれません。本当に良い求人がないなら「メイテックネクスト」など、他サービスを使うのも良いかもしれません。

4. 興味をもった求人に応募!

紹介してもらった求人への応募は、アドバイザーに「この求人に応募します」と伝えるだけ。

リクルートエージェントに登録すると、「パーソナルデスクトップ」という会員ページへログインできるようになります。ここに応募した企業が登録され、選考状況をチェックできるようになります(「書類選考中」「面接待ち」のように表示されます)。

初めて求人に応募するときは、「履歴書」と「職務経歴書」という書類を作る必要があります。これも会員ページ上で作成でき、アドバイザーからアドバイスがあります。作り方で迷ったらエージェントに相談できますし、作った書類を添削してもらうこともできます。

リクルートエージェントは転職活動のスタートにオススメ!

リクルートエージェントに登録すると、以上のような流れで転職活動がスタートします。他のエージェントも基本的な流れは同じなので、参考にしてほしいと思います。

リクルートエージェントは特に初めて転職するなら、ピッタリのサービス。研究・開発の求人が豊富でサポートも整っているため、理想の転職をできる可能性がアップします。ぜひ納得のいく転職活動をしてくださいね!

>>リクルートエージェントの公式サイト・詳細