研究・開発への転職にリクルートエージェントへ登録しておくべき理由

スクリーンショット 2015-09-29 17.21.48

リクルートエージェントは、転職を考える人の多くが1度は利用を検討するサービスです。大手のリクルートが提供しているサービスで、利用は無料、求人紹介と転職サポートを受けることができます。

ただ、ほかにも転職エージェントサービスがある中で「本当にリクルートエージェントで良いの?」と思うこともあると思います。

ただ、管理人はリクルートエージェントを「まず利用しておくべきサイト」だと考えています。ここでは研究開発職に転職したい場合にリクルートエージェントを利用するべき理由を紹介します。

>>リクルートエージェントの詳細はこちらから

大手・中小・ベンチャー、各企業とコネがある

リクルートエージェントの母体企業であるリクルートは誰もが知る大手企業です。「就職・転職といえばリクナビ」と考えている人はとても多く、とくに企業の上級職の人ほど、こう考えている人は多いはずです。

これはつまり「中途の採用募集をかけるなら、まずはリクルート」と考える企業が多いことを意味します。

また、リクルートは「リクナビ(大学の新卒向け求人サイト)」・「リクナビNEXT(転職サイト)」を通じて、大手から中小・ベンチャーに至るまで、さまざまな企業とのコネを持っています。そのコネクションの数はハンパではないはずです。

もちろん転職エージェントによって紹介してもらえる求人は少しずつ異なります。ですがリクルートエージェントは企業とのコネの豊富さから、求人も非常に多くなっています。

求人量の多さ=研究開発の求人量の多さ

リクルートエージェントは研究開発の求人が多い傾向にあります。

研究開発の仕事はハッキリ言って、求人が多いわけではありません。これはどの転職エージェントにも言えることです。こうした中で理想の仕事を見つけようと思う場合、なるべく多くの求人をチェックする必要があります。

基本的に「全体の求人量が多い=研究開発の求人も多い」ということが言えます。もちろんサービスによって多少の変動はあります。ただリクルートエージェントの場合、上でお伝えしたようにたくさんの企業とコネがあります。そのため、研究開発の求人も入りやすいのです。

また、リクルートは大手企業です。そのため、ほかの大手企業とのつながりが強いです。大手の求人はもちろん全ての人に紹介してもらえるわけではありません。ただ、リクルートエージェントなら、「大手への転職ができる可能性が高くなる」と考えて良いと思います。

求人量の多さ=非公開求人の多さ

リクルートは全体的な求人量だけでなく、非公開求人の量も豊富です。

非公開求人は「経験・スキル・人柄などで条件を満たしている人に対して紹介される求人」です。非公開求人は通常の一般公開されている「公開求人」よりも待遇が良く、大手企業の求人であることも多いです。

ただ、仕事はその分より高いレベルが求められることが多いです。逆に言えば「やりがいのある仕事」ということができます。

非公開求人はいわば限定モノ。こうした求人は各エージェントとも、数が少なめです。ただ、その中でもリクルートエージェントは多い傾向にあります。それは全体の求人数が抜群に多いためです。

もちろん、ビズリーチというサービスのように、質重視で求人を揃えている転職エージェントもあります。ただ、リクルートは全体的な求人数が多いため、そのうちの何割かはとても好条件の求人が入ってきやすいのです。

技術職について理解している転職アドバイザーが多い

研究・開発の仕事は「理系」の仕事です。これに対して転職アドバイザーの仕事は「文系」の仕事。つまりアドバイザーによっては、研究開発の仕事についてあまり知らない人がいます。そしてこれは、転職サービスの規模に比例する傾向にあります。

大手の転職エージェントほど、技術について理解している担当者が多いです。小規模なエージェントの場合、文系出身のエージェントが多い傾向にあります。

転職エージェントは日本の各地にオフィスがあります。登録すると最寄りのオフィスに出向いて求人紹介や転職のサポートを受けることになります。東京や大阪などの人が多い地域なら、中小規模の転職エージェントでも理系のことが分かる担当者がいます。ですがその他の地域の場合、サービスによっては文系出身のアドバイザーから研究開発の求人を紹介してもらうことになります。

文系出身のアドバイザーに技術系の求人を紹介してもらうのは、「この担当の人、頼りないなあ・・」と感じることがあります。意外と心が広いはずの管理人でもそう思ったので、多くの人に当てはまると思います(笑)

たとえば2つの企業のどちらを優先して転職活動を進めようか迷ったとき、仕事内容を比較することは多いです。

「一方の企業は今まで自分がやってきたタイヤの新素材開発の仕事。もうひとつの仕事は同じポリマー(高分子)でも、タイヤではなくコーティング剤の開発で、ちょっと抵抗がある。でもコーティング剤の仕事のほうが待遇は良くて迷う。アドバイザーさん、どっちが良いと思います?」

のように、アドバイザーに相談したとします。

このとき技術に詳しい担当者なら、あなたのこれまでの経験を聞いて、新しい仕事でもこなせそうかを親身にアドバイスしてくれる可能性が高いです。ですが文系出身のアドバイザーがアドバイスする場合、「そうですね・・仕事内容と待遇、どちらを重視したいかですね」くらいの簡単なアドバイスで終わる可能性が高いです。

良い転職ができるかは、アドバイザーによって大きく左右されます。研究・開発職を紹介してもらうアドバイザーは、技術のことが分かる人のほうが良いです。リクルートエージェントは数ある転職エージェントの中でも、技術のことが分かるアドバイザーが多いサービスのため、おすすめできるといえます。

デメリットは、登録者数の多さ

リクルートエージェントのデメリットとして「登録者数の多さ」があります。リクルートエージェントは転職エージェントの中でも最大手のサービス。転職を考える人が最初に利用しようとするサービスです。そのため、登録者数はとても多いです。

登録者数が多いということは、アドバイザー1人が担当する転職希望者の数も多いということ。つまり、アドバイザーが1人の転職希望者に割く時間が短い傾向にあります。場合によってはあっさりとした対応をされる可能性があるのです。

ただ、転職エージェントは「成果報酬型のサービス」です。つまり転職エージェントは、転職希望者を転職に成功させて、初めて転職先の企業から成功報酬(利益)をもらうことができるのです。

転職希望者1人1人への対応が薄くなると「リクルートエージェントは対応が良くない。ほかのサービスを利用しよう」という人が多くなります。そして、リクルートエージェントが利益を得るチャンスを逃してしまうことになります。そのため憶測にはなってしまいますが、アドバイザーが一定のアドバイスの質を保てるように、基準が設けられているはずです。

管理人も転職のときにはリクルートエージェントをメインに利用していました。そのときにはとても親身に対応していただいて、アドバイザーの質に不満は感じませんでした。むしろひと月ほどで転職活動を終えることができて、感謝したいくらいでした。

登録者数が多いことでアドバイザーの対応が薄くなる可能性はたしかにあります。ですが、その場合は利用するエージェントを変えれば良いだけの話。また、リクルートエージェントも利益を上げるために、担当者によるアドバイスの質には力を入れているはずです。そのため登録者数の多さはデメリットではありますが、過剰に心配する必要はないと思います。

おわりに

以上、リクルートエージェントのメリットとデメリットについて紹介してきました。

リクルートエージェントは管理人自身、「無料でここまでやってくれるんだ」と感じたサービスです。一般の求人から条件の良い非公開求人まで豊富に揃っており、研究・開発の仕事に転職したい人にも最適な求人を提案してくれやすいです。また、アドバイザーも技術について詳しい人が多く、頼りになります。豊富な求人の中から、あなたのキャリアに合ったものを提案してくれるはずです。

リクルートエージェントはまずは押さえておくべきサービスとしておすすめです。転職活動を始めるときには、ぜひ利用してみてほしいと思います。

>>リクルートエージェントの詳細はこちらから