転職エージェントは必ず複数登録する方が良い理由

転職エージェントを利用する上でのポイントとして、必ず複数登録すると良いです。
理由は大きく分けて2つあります。
それぞれについて詳しくご紹介していきます。

①希望の求人に出会える可能性が増える

大学の就活の時にも、リクナビとマイナビという形で二つ登録した方も多いのではないでしょうか。

リクナビとマイナビは、掲載されている求人は同じものもありますが、全く一緒ではありません。
リクナビにあるけどマイナビにはない、もちろんその逆もあります。

求人数比較

研究職や開発職は、求人量は正直あまり多い方ではありません。
なので、ひとつよりも複数の転職エージェントを利用した方が、良い求人が見つかる可能性が高くなります。

良い転職がしたいと思ったら、なるべくやれることはやることが大切です。
複数登録して視野を広げて、希望に沿う求人を幅広く探していくことが良い転職につながります。

登録のしすぎは自分のキャパを超えるのでNG

登録しすぎ「それならどんどん登録した方が良いってことじゃん!」

と、とにかくたくさん登録する方もいますが、これはあまりオススメしません。
各転職エージェントから連絡がどんどんきて、エライことになります(笑)

なので、オススメとしては2つか3つですね。
2つでも良いと思いますが、中型の転職サイトや特化型のサイトも良い面はあります。
大手エージェントに比べてきめ細かく対応してくれたり、好条件の求人が見つかることもあります。

②エージェントの相性が合わない時に切り替えられる

複数登録をオススメする二つめの理由は、サポートしてくれるエージェントの質です。

エージェントはあなたから希望の人を指名することはできません。
転職エージェント側があなたの希望職種などから判断して、相性が良さそうな人を担当として割り当てます。

これが正直、当たり外れがあります(笑)

経験の浅いエージェントだと、こちらの希望をあまり汲み取らずに求人を紹介してきたり、少し表面的な対応になることがあります。
これでは、あまり安心した転職サポートとは言えません。
今後また長く働く企業を決めるのに、頼りないエージェントでは正直厳しいものがあります。
ハズレとも言えるエージェントを避けるために、複数登録が必要です。

転職サイトに申し出れば変更可能

エージェントが頼りない場合、申し出れば別の担当に変更してもらうことができます。
基本はエージェントに直接言わず、連絡窓口があるので、そこから連絡します。

エージェントの変更

その時には、必ず理由を伝える方が良いです。

  • 「自分の希望があまり考慮されていないように感じる。なぜか強めに紹介される」
  • 「こちらの相談の返答に詰まることが多く、心配になる」
  • 「仕事をしながら転職活動をしているが、仕事中に転職の連絡が来て困っている」

など、実際にこうしたクレームは転職エージェントで起きています。

理由を伝えて、

「すいません、こちらもしっかり転職活動したいので、恐縮なんですが変更していただけないでしょうか」

という感じで丁重に申し出れば、転職エージェント側もすいませんという感じで変更してくれます。
丁重に申し出るのは、あまり横柄に「変更しろ!」というスタンスでいくと、エージェント側も気持ち良く紹介してくれない可能性があるためです。

転職活動が成功するかは、エージェントの質が大きなウエイトを占めています。
気になったらなるべく早めに連絡していきましょう。

ただ、エージェントの変更をお願いするのも良いですが、やはりちょっと面倒です(笑)
他の転職エージェントの担当の方が親切丁寧なら、そちらを利用すれば良いです。
エージェントの当たり外れのリスクを避けるのが、複数登録のもう一つの理由です。

面倒な転職者と思われないように注意

ちなみにあなたに交渉力があれば、変更を依頼する際に別のサイトを利用することをほのめかせば、良いエージェントを付けてくれるかもしれません(笑)
転職エージェントも、なるべく自社での転職数を増やして利益を伸ばしたいはずですからね。

ただ、これも伝え方には気をつける必要があります。
無料で利用できると言っても、転職エージェントの方もやっぱり人です。
横柄な態度を取る方には、ちょっと冷たくなってしまう可能性もあるので注意した方が良いですね。

このように、

  • 求人数を増やす
  • エージェントの相性のミスマッチのリスクを減らす

この二点から、複数のエージェントに登録することをオススメします。