転職エージェントは複数使うのもオススメ!併用する3つのメリット

転職エージェントはひとつのサービスに登録すれば、次の仕事を見つけられる可能性は高いです。ただ、より良い転職をするなら、複数のエージェントを利用するのもアリ。ここでは「複数のサービスを利用するとなぜ良いのか」「併用するときに気をつけるポイント」を解説します。

複数の転職エージェント登録はアリ!むしろオススメな3つの理由

「転職エージェントって、複数のサービスを使っていいの?」と思うかもしれませんが、まったく問題ないです。

大学の新卒のときにも、「リクナビ」と「マイナビ」のように就活サイトを併用していた人は多いはず。転職エージェントもこれと同じで、複数のサービスを使ってOK。管理人はリクルートエージェントの方に聞いてみたことがありますが、「私どもとしても、複数のサービスを使っていただくのは問題ありません」とのことでした。

手間に感じるならひとつで大丈夫ですが、複数のエージェントを使うことでのメリットもあります。大きく分けて3つあるため、順番に解説します。

【複数の転職エージェントを使うメリット】

  1. 希望の求人を見つけやすくなる。
  2. より相性の良いアドバイザーにサポートしてもらえる。
  3. エージェントによって、特徴が違う。

1. 希望の求人を見つけやすくなる

研究や開発の仕事は、正直なところ求人が少なめ。つまりひとつの転職エージェントしか利用しないと、それだけ出会える求人が狭まってしまいます。

いくつかのエージェントに登録することで、紹介してもらえる求人の幅が広がります。

良い転職をしようと思ったら、できることはなるべくすることが大切。「リーチできる求人を増やす」という意味で、複数の転職エージェントを使うことには価値があります。

2. より相性の良いアドバイザーにサポートしてもらえる

転職エージェントに登録すると、あなたを担当してくれるアドバイザーがつきます。

アドバイザーはあなたの転職が上手くいくように全力でサポートしてくれますが、やはり相性はあるもの。「何だか合わない・・」と感じるアドバイザーはいるものです。管理人も、実際いました(汗)

アドバイザーは自分で指名することができず、転職エージェントが「このスタッフが良さそうだ」と判断して自動的に決められます。

これが正直、当たり外れがあります。

もちろんアドバイザーは社内で研修を受けているはずですが、やはりアドバイザーも人間なので、「この人はちょっと・・」という人はいるものです。

転職はこれからの仕事人生を大きく左右するため、頼りないアドバイザーが担当になったら利用しないほうが無難。

転職エージェントは一応、連絡すればアドバイザーを変更してもらうことができます。ただ、気まずく感じることもあるので、別のエージェントに乗り換えるのもひとつの手です。

3. エージェントによって、特徴が違う

転職エージェントは「仕事を紹介してくれて、転職のサポートをしてくれる」という点ではどこも同じです。

ただ、それぞれに特徴があるため、複数使ってみると自分に合うサービスがわかりやすいです。

【転職エージェントの例】

リクルートエージェント一般的な大手の転職エージェント。まず使うべきサービスとしてオススメ。
メイテックネクスト技術系エンジニア専門の転職エージェント。スタッフが技術に詳しく、求人も絞られている。
ビズリーチハイクラス向けの転職エージェント(有料)。経験・スキルがあれば、ヘッドハンターが好条件な求人を紹介してくれる。

上のように、それぞれのエージェントで違う特徴があることを理解できると思います。最近は転職エージェントもたくさんあり、各サービスで特徴・コンセプトを打ち出しています。どれが合うかは、実際に使ってみないとわからないことも多いもの。

ビズリーチは有料(月2,980円もしくは月4,980円(税抜))ですが、それ以外のエージェントは無料。情報収集も兼ねて、使ってみてください。

登録のしすぎは使い切れなくなるのでNG!2〜3つまでに

ここまで紹介したように、転職エージェントは複数のサービスを使うほうが良い転職をしやすくなります。

ただしデメリットもあり、アドバイザーとのやりとりが増えます

あまり登録しすぎると使い切れなくなるため、利用するエージェントは2つか3つにしておくほうが良いです。4つ以上に登録しても、逆に連絡がきすぎて効率が悪くなるため、適度な数にしておきましょう。

複数のサービスを使っていることは、それぞれの担当者に伝えるべき

複数の転職エージェントを利用していることは、それぞれの担当アドバイザーに伝えるほうが良いです。

人によっては複数のサービスを利用しつつ、「利用しているエージェントはここだけです」と言うこともあります。ただ、本当のことを伝えれば、転職エージェントもそのつもりでサポートをしてくれます。

転職エージェントは転職を実現させることで初めて、企業から「紹介手数料」という利益を得ることができます。つまり複数のエージェントを利用している人は他社で転職する可能性があるため、担当アドバイザーは「自社で転職してもらおう」と頑張ってくれます(笑)具体的には「より好条件な求人の提案」や「企業への積極的な条件交渉」などをしてくれるようになります。

複数のサービスを利用していることを伝えるのは気が引けるかもしれませんが、転職エージェント側も理解しています。正直に伝えるほうが、お互いにとって良いはずです。

転職エージェントを上手く活用して、理想の転職を叶えよう

転職エージェントは良い仕事を見つける上で、とても役立つサービス。ただ、上手く活用することで、さらに良い転職を実現しやすくなります。「ひとつのエージェントに登録して、紹介してもらった求人に応募する」という普通の使い方も良いですが、よりこだわるなら、2つか3つのサービスを併用してみましょう。少し連絡の手間は増えますが、これからのキャリアをよりしっかりと考えられるはずです!